トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の20件の記事

2010年7月31日 (土)

小泉内閣の国民対話は全部 ”やらせ” と ”サクラ” であった 発覚と処分

タウンミーティング 小泉内閣の国民対話
辞書、他 より転載

タウンミーティング 小泉内閣の国民対話
とは、日本で、小泉内閣が実施した閣僚や有識者との政
治対話集会である。 

== いわゆる “やらせ” “仕込み(サクラ)” (偽装) ==

==   が行われていたことが後に発覚した。==

概説

第1回は、2001年6月16日に、青森県青森市と鹿児島県鹿児島市でそれぞれ実施された。2001年に行われた内閣総理大臣小泉純一郎の所信表明演説で初めて打ち出された。閣僚との直接対話を通じて、市民が政策の形成に参加する 機運を盛り上げていくという目的であった。

発覚した偽装などの工作

やらせ

2006年10月31日、衆議院教育基本法特別委員会にて、日本共産党所属衆議院議員高橋千鶴子の指摘を発端に、同年9月2日に教育基本法改正などをテーマに行われた「教育改革タウンミーティング イン 八戸で、

==開催前に内閣府が青森県教育庁を通じ、

教育基本法改正に賛成する趣旨の質問をするよう 参加者に依頼、

原稿を作成した上、

==「やらせ」であることを悟られないよう 質問方法まで詳細に指示

を出していた ことが明らかになった。


その後、

2003年12月13日の岐阜県岐阜市、

2004年5月15日の愛媛県松山市、

2004年10月30日の和歌山県和歌山市、

2004年11月27日の大分県別府市

の「教育改革タウンミーティング」でも やらせが発覚。

そのうち、別府でのタウンミーティングでは、

==大分県教育委員会の職員4人が、一般県民になりすまし==

(タウンミーティングでは、質問前に自身の職業を述べる必要があ

る)、賛成の意見を述べていたことが分かった。

このほか、全タウンミーティング中、==15回のやらせ質問== が行わ

れており、最多は、裁判員制度などについて議論された司法制度改

革タウンミーティングの6回であった。

このほかにも、全71回で、参加者を確保するため、

==国や地方自治体などが、職員などを大量動員==

していたことも判明した。

2006年5月21日に北海道札幌市で行われた「再チャレンジタウンミ

ーティング」でも同様に 

やらせを指示するよう 北海道庁に対し 行っていたことも発覚した。


質問者への謝礼金

タウンミーティングにおける質問者の一部

(2002年には14回で42人、2003年には7回で15人、

2004年には4回で8人)に対し、謝礼金として5,000円が支払われていた。

2001年にも謝礼金が支払われていたが、資料が残っておらず詳細は不明。


入場者の選別

2005年11月27日に京都府京都市で行われた「文化力親子タウンミ

ーティング」の際に、入場者の中に問題を起こす者がいるとして、

==この参加者の応募受付番号をあらかじめ落選する番号に設定

し、==作為的に選別していた。==

経費

=1回当たり約2,200万円=という経費が、税金の無駄遣いとの批判を浴

びている。

政府の対応

内閣総理大臣 安倍晋三は「(内閣府に対し)注意した」 とコメントし、

その後の参議院教育基本法特別委員会でも陳謝した。

内閣府側は、賛成の意見を述べるよう質問を依頼したことは認めた

ものの、原稿を作成したのは、文部科学省からの出向職員であると

した。

調査委の最終報告が発表されたことを受け、同年12月14日に

== 内閣総理大臣 安倍晋三 が 俸給3ヶ月分 == を、

== 内閣官房長官 塩崎恭久 が 役職報酬3ヶ月分==を、

== 文部科学大臣 伊吹文明、 役職報酬の2ヶ月分

    国土交通大臣 冬柴鐵三、 役職報酬の2ヶ月分

    内閣府副大臣 林芳正が  役職報酬の2ヶ月分 を

それぞれ国庫に返納することとなった。


処分

12月15日に政府はこの件での内閣府等の職員を

処分リスト

内閣府

事務次官 内田俊一
    - 訓告、給与10%を1カ月分(約13万円)
    国庫に自主返納

TM担当室長 谷口隆司 - 戒告

賞勲局長(元担当室長) 勝野堅介 - 訓告

担当室参事官 長谷川秀司 - 訓告

大臣官房付(元担当室参事官) 田辺靖夫 - 訓告

担当室次長 土肥原洋 - 厳重注意

担当室次長 竹沢正明 - 厳重注意

国民生活局長(元担当室次長) 西達男- 厳重注意

大臣官房審議官(元担当室次長) 松田敏明 - 厳重注意

会計課長 福富光彦 - 厳重注意

官房長 山本信一郎- 訓告

元担当室次長(他省庁出向中) 中藤泉
         - 厳重注意を所属官庁に依頼

担当室次長(他省庁出向中) 成田一郎
          - 厳重注意を所属官庁に依頼

元会計課長(他省庁出向中)大森雅夫
           - 厳重注意を所属官庁に依頼

元担当室参事官(他省庁出向中) 音瀬均
           - 厳重注意を所属官庁に依頼

文部科学省

教育再生会議担当の内閣参事官(前広報室長) 白間竜一郎 - 訓告

初等中等教育局長 銭谷真美 - 訓告
  (伊吹文科相は国会で「彼は(やらせの)事実を知らなかったと思う」 と答弁していた)

官房審議官 布村幸彦 - 訓告

生涯学習推進課長 高橋道和 - 文書厳重注意

生涯学習政策局長 田中壮一郎 - 文書厳重注意

内閣府男女共同参画局長 板東久美子 - 文書厳重注意

官房審議官 尾山真之助 - 文書厳重注意

官房長玉 井日出夫 - 口頭厳重注意

法務省

事務次官(司法制度改革TM運営の指揮に当たった当時の刑事局長)

 大林宏  - 厳重注意

刑事局長(当時の官房長) 小津博司 - 厳重注意

世襲制は改革阻害の最大要因 (世界各国より)


若林秀樹
米シンクタンク研究員
http://opinion.infoseek.co.jp/article/96

世襲制は改革阻害の最大要因
2009年05月11日 若林秀樹

記事本文
 
民主国家は、国民が直接政治に参加する直接民主制でなければ、選挙などによって自らの意思を代弁してくれそうな代表者を選出し、その代表者をつうじて政治に参加する間接民主制である。いずれにせよ、大切なことは、代表者を選ぶ権利と同時に、自らが代表者になれる権利が確保されていることである。しかし残念ながら、政党中心の議院内閣制を採用している日本においては、そもそも政党公認の候補者になれる権利が実質的に世襲制で、極めて制限されているのである。世襲議員の言い分として「法の下の平等を定めた憲法14条、職業選択の自由を定めた22条に抵触する」「議員だった親や祖父母から直接学ぶ点が多かった」「最終的に有権者に選ばれない世襲議員は淘汰されるから問題ない」などということが言われる。

 確かに、一理はある。しかし問題は、世襲議員の権利をどう守るかにあるのではなく、政党公認候補者の選出方法が極めて不透明であるなかで、実際にどのような民主的な手続きによって候補者を選ぶかにあるのである。小泉純一郎元総理は、長年応援してきた後援者を前に、自ら議員を引退すると同時に、二男を後継者に指名することを表明し、マスコミにも大きく取り上げられた。小泉純一郎氏は、祖父の代から続いた世襲議員である。祖父が初当選した1908年以降約1世紀の間、小泉家は議員の座を守り続け、首相まで出したわけである。その小泉氏が息子を後継者に指名したことは、事実上の政党公認候補者を決定したのに等しい。実際、自民党神奈川県連は、二男以外の候補者を選ぶことができるはずがないし、それを求めること自体が無理な日本社会の実態なのである。

 しかし神奈川11区40万人の有権者の中で、息子より優秀な候補者は数多くいるかもしれないし、最大の問題点は、政治家を志す若者たちの夢をぶち壊したことである。世襲制が続けば、結果として優秀な人材は政治家を志さなくなる。現象的に起こっていることは、選挙区の「空き」がないので、自分の主義・主張と違う政党から立候補する政治家が多くなり、これでは二大政党制の定着にもつながらないし、日本のためにもならない。アメリカでも世襲議員がいない訳ではないが、数は圧倒的に少ない。候補者決定に際しては、極めて透明性の高いオープンな候補者選出システムがある。政党の候補者になるために、まず自ら名乗りを上げること自体は、基本的に自由であり、予備選挙等によって党員、有権者の厳しい目に晒され、最終的に政党の候補者として選出されるのである。

 アメリカでは、オバマ大統領やクリントン元大統領のように、ほとんど知名度のない無名の政治家が、それぞれ上院議員、州知事を経て、大統領になれる道が開かれているのである。法律で世襲制を禁止することが難しいのであれば、政党がその選挙公約で世襲制に対する考え方を明確にすべきである。世襲制の良し悪しを別にして、ジバン(地盤:後援会)、カンバン(看板:知名度)、カバン(鞄:資金力)の3バンを活かすという観点に立てば、世襲制が最も効率的な制度であることは理解できる。その上で、民主的な方法によって候補者を選ぶことが現実には難しい実態を考えれば、政党は一定の範囲内の親族が同じ選挙区から立候補することを認めず、また政党内で恣意的に候補者に選出されることを防ぐ公正なシステムを導入すべきである。

日本の改革が遅れている理由の一つが政治家の世襲制にあることは明らかである。ここは、思い切って実態としての世襲制を制限すべきであろう。

若林秀樹
米シンクタンク研究員
1954年東京生れ。1976年早稲田大学商学部卒業。1979年ミシガン州立大学院農学部修士課程終了。(財)日本国際フォーラム常勤参与/CSIS(戦略国際問題研究所)非常勤客員研究員。80年からヤマハ(株)勤務、労組役員を経て93年からワシントンの日本大使館1等書記官として政府開発援助(ODA)と日米協力を担当し米国際開発庁(USAID)から表彰を受ける。帰国後は電機総研副所長を務め、01年民主党比例区で参議院議員に初当選。在職中は「次の内閣」経済産業大臣・財務副大臣、国際局副局長を歴任。さらにイラク、シリア、イラン等を訪問し安全保障、復興支援、核問題等幅広く国際問題に取り組む。現在は日々の研究活動に加え、日米関係の視点でアメリカの情勢をニュースレターで発信中。

----------------------------------------------
 
長谷川博  2009.07.11 世襲議員批判
http://blog.livedoor.jp/taxhirohase/archives/83845..

議員の歳費(給料)と世襲議員

最近読んだ本の中から、河村たかし前衆議院議員(現名古屋市長)著「この国は議員にいくら使うのか」(角川SSC新書2008年9月)とジャーナリスト・上杉隆著「世襲議員のからくり」(文春新書2009年5月)を取り上げ、感想を一言。

世界各国の議員歳費(年額)を比較すると、日本の衆議院(定員480)・参議院(定員242)議員の歳費は、各2200万円(他に文書通信交通滞在費1200万円)となっており、アメリカの下院(435)・上院(100)議員の歳費各1850万円、イギリスの下院(646)・上院(749)の歳費、下院議員各1250万円(その他雑費・通信手当650万円)、上院議員無給(事務所手当・議会1日当たり15000円)、ドイツの連邦議会議員(613)各1450万円(その他職務手当740万円)・連邦参議院議員(69)無給(職務手当・旅費130万円)と比べて高額である。

また、日本では、政党助成金(交付金)として税金から辞退している共産党を除き、6党へ年合計320億円(国民一人当たり250円)が拠出され、政党支部へ年約500万円が交付されている。

日本の国会議員の歳費が高額であるのは、国会法の「議員は、一般の国家公務員の最高の給料額より少なくない歳費を受ける」(同法35条)という規定が理由である。事務次官の本俸は、約2000万円(その他手当が付く)であるからこれを下回ることができない。

地方議員でも、名古屋市議会議員の年収は、約1650万円(他に政務調査費660万円)であり、都府県会議員や市会議員等は大きな自治体ほど高額となっている。
因みに、ソウル市議会議長の議長としての給料は、年約260万円(円換算)というから驚きである。なお、ロサンゼルスの市議では年収1500万円と言われている。

このように日本の議員の歳費(給料)が高額なことからも、「職業議員」が生まれ、世襲議員が多くなっているという弊害が生じている。
さらには、議員の特権として、議員年金の優遇制度や国会議員の億ション議員宿舎についても問題となっている。

今や議員(公務員)には、「すべての公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」(憲法15条2項)という「パブリック・サーバント」の意識が薄れてきていると言っても良いだろう。

「職業議員」(世襲議員・家業)に対抗して選挙で勝ち残ることは極めて困難になっており、アメリカ等で見られる選挙民からの「寄付金型議員」の数はまだまだ多くはない。

外国の地方議員には、ボランティア型の議員で日当支給というケースも多く存しており、日本でも福島県矢祭町のように日当制の議員も生まれていることには注目すべきである。

麻生内閣の閣僚ポスト18人中12人(67%)は二世議員であり、「世襲議員」は自民党で40%、民主党で20%となっている。
イタリアは比較的世襲議員が多いが、アメリカの世襲議員の比率は5%、イギリスの下院で3%である。アメリカやイギリス等では選挙制度の違いもあるが、議員の能力(議員以外の経歴や演説能力など)が問われ、世襲に左右されることはない。

世襲議員は、地盤(後援会組織)、看板(知名度)、かばん(選挙資金)に支えられ、有力な後援者も世襲に頼っているところもある。政治家には、「政治団体」とは別に「政治資金管理団体」があるが、政治資金管理団体にプールされた資金は相続税の対象外として世襲される仕組みになっている。

2009年になって、衆議院議員選挙が近づき、各党から「世襲議員制限法」立案の動きが出てきたが、週刊文春での上杉隆氏の世襲批判キャンペーンも影響しているようである。
しかし、間近かに迫った衆議院議員選挙のマニフェストでは自民党は後退したようである。

「世襲議員」は、苦労が少なく「胆力」がなくブレ易いという共通の性格があるらしい。日本の「タレント議員(政治家)」は、一般的に目立ちたがり屋でかつ一度議員(政治家)をやったら止められないようである。
両者ともタックスぺーヤーとしての苦労や国民のための政治という意識が足りないところも共通している。

議員の数を大幅に減らし、歳費(給料)を大幅に減額することで、本当のパブリック・サーバントとしての真価が問われることになるだろうし、選挙民の見識も問われている。

------------------------------------------------- 

2005年の投稿 イギリス在住の日本人より
世襲議員の廃止を!

私は民主主義の発祥地英国に30年ほど住んでいます。

言い換えれば、日本の政治をアウトサイダーとして、客観的に見ら
れる事が可能です。

韓国の落選運動は、長年の軍政から民主主義を勝ち取った過程で発
生しました。

日本の民主主義は残念ながら、民衆が勝ち取ったものではなく、
マッカーサーに押し付けられたものとして残り、いまだに根付いて
いないのが実状です。

私は今回日本の皆さんにして頂きたいのは、世襲議員の撤廃だとお
もいます。
竹下、梶山、どちらも”先生のご子息が”地盤を”相続”するそう
です。

又、病で倒れた小渕前首相の後釜に、”小渕婦人か、英国で留学/
遊学中だったご息女”との話が出ていると聞いています。

二世、三世議員の能力の是非は別として、選挙区を私有化し、相続
などとはもっての外です。

英国人によると、このような習慣は英国でも150年ほど前まで
あったそうです。

先ず、何がなんでも、竹下、梶山の息子を落選させてください。

そして、将来は癒着、そして汚職の元凶となる”出身地=選挙区”
の選挙方法の改正が必要でしょう。

英国式が全て良い訳でなく、欠陥も多々ありますが、先ずそのたたき台として、政党の中央からの
候補者の推薦、地方の政党審議会での選抜選挙、等によって、候補
者が選挙区を移動できるようにしてはどうでしょうか?

中央政党としては、有能で、どうしても必要な人物を、安全で確実
な選挙区に送り込む事で、人材の確保が出来、国民に取ってみれ
ば、大名のお国替えの様なもので、地域との癒着が減ります。

但し、このためには、国民そのものが、自分の地域だけ良ければ・
・・といった考え方を放棄する事が必要です。

-------------------------------------------------

江川紹子ジャーナル より 

http://www.egawashoko.com/c006/000273.html
世襲政治という「聖域」  
2008年09月26日

ーー 日本を元気にするのは、まず政治の世襲の廃止から――

これを合い言葉に、次の選挙では、どの政党であれ世襲の政治家には投票しない、というのもいいかもしれない。

政治家が、自ら改革しないのであれば、有権者が投票行動で示すしかない。

憲法に規定されている権利でも、その職業によって制限が加えられることはある。警察官や刑務官には憲法が勤労者に保障している団結権や団体交渉権は認められていない。裁判官には、言論の自由に制約がある。

国会は国権の最高機関であり唯一の立法機関。その議員は、日本のあらゆる仕事の中でもっとも公共性が高いと言える。

その立場を私することは、絶対に許されない。そういう公益を守るために、一定の制約が加えられるのは、やむを得ない。

国会議員の世襲――これこそが、政界の人材難を招き、政治の活力を奪っている最大の要因だろう。

 2代続いて政権を投げ出したのも、かつての首相の孫と息子だった。
 
総理大臣経験者の孫が一年で政権を放りだした後、別の総理大臣経験者の息子を首相に据え、それがまた1年で投げだし、さらに別の総理大臣経験者の孫を選ぶ……

なんて国は、先進国と呼ばれる民主主義国家の中で他にあるだろうか。

これでは、国の代表者の選び方という点では、北朝鮮を笑ったり批判したりできないどころか、逆に向こうからバカにされているのではなかろうか。

総務大臣となった鳩山邦夫氏。彼は、お金のことで苦労したことはないだろう。その彼が、疲弊しきった地方の財政、自治に関わる業務を統括する。

あるいは、少子化対策と男女共同参画担当の内閣府特命担当大臣となった小渕優子氏。民間にたとえれば、入社8年目の女性社員が出産して、職場に復帰したと思ったら、重役に抜擢されたようなものだが、同族会社でもない限り、考えにくい大出世だ。

子どもが一歳となったばかりだそうだが、彼女の場合、保育園が見つからずに職場復帰に苦労する女性たちの苦労は無縁だ。

この陋習を「ぶっこわし」てこそ、つまり政治を停滞させている政界を変えてこそ、「聖域なき」改革と言えるのではないか。

--------------------------------------

ケントさんより

馬鹿な世襲議員はいらない
http://ameblo.jp/ktnyyk/entry-10552481881.html

鳩山氏が政権を放り投げたのだが今度こそ世襲議員は社会の重要なポストに就くのはやめてもらいたい。

ろくな奴がいない。

鳩山、麻生、安部、小泉とすべてそうではないか。

民主党のつまずきは政権の代替わりのしょっぱなに実力ではなく、

親の威光で議員になった馬鹿な世襲議員などを首相にするからこのようなことになるのである。

日本の世襲議員が多数生まれるのは自民党という腐れきった政権であったからそうなったと国民は解釈しているはずであるから、この新しい民主党政権では有ってはならなかった。

中国の唐の時代は貴族制であり、実際には科挙はあって試験によって官僚は生まれていたのであるが、重要なポストは世襲貴族が独占していた。この時代は中世であって発展性のない暗い時代であった。

これをグラフで表せば縦軸を発展度、横軸を時間でとれば発展的歴史観では、後漢のころまでは基点から右上に上がっていくのであるがこの貴族制の時代は上向きにならず水平または下向きになるのであろう。後漢のころは道徳がしっかりしていたが貴族制になると道徳が崩れ出した。

現在の一党独裁の中国の古参の子弟が世襲し太子党といって力を持ってきているらしい。そのレベルの国であるのだろうと笑っていたが日本ではそれよりおかしな事態となっている。一般の人がうどん屋をひらき子供に後を継がせるように、この連中は政治を飯の種にしているのである。良い政治などできるわけがない。

実力ある自力で以て議員になった優秀なものは当然有能なスタッフを選ぶのも実力のうちであるが、世襲の場合はその親、後援者がはじめより優秀なスタッフを用意してあげていないといけない。

何回か前に首相をやったAなどは下で仕えるものがバカだらけで政権の終末が悲惨であった。その前のKなどは下の仕えるものに恵まれて一応体裁が良い状態であった。

民主党の女性の世襲議員のTなどであれば選挙に勝てるとかいうが、世襲の、優しそうな、芸能人風のオバチャンのような男議員、正真正銘の世襲のオバチャン議員は勘弁してもらいたい。

江戸時代の町人は「近代国家の観念」が欠如を西洋人から指摘されていたが、今日の日本人もほとんど国防意識に欠ける国民となっている。だからこのようなバカな世襲議員を選ぶのである。

今日重要なのは、これを打破する処の国民啓蒙運動である。今、幸いにもネットがある。ネットはよいのは一人ひとりが運動を始められる。早く運動を始めないといけない。

2010年7月29日 (木)

みんなの党 バックに竹中=移民1000万人受け入れ=自衛隊縮小

みんなの党の代表者は2人います

一人は、第2の小泉といわれる、渡辺喜美 バックに竹中がついている、

もう一人は、”左翼系議員の代表例 江田憲司” ですPhoto_6

  強固な憲法9条護憲派
  自衛隊のイラク派遣に断固反対する声明を発表。

浅井慶一郎も、

  移民1000万人受け入れ構想のリーダー 

=== 浅尾慶一郎の1000万人移民受け入れ構想  ===

仮に「1000万人移民受け入れ構想」が実現した場合、

日本は中国の自治区になる可能性が非常に高いです。

改悪国籍法も成立させているし、


わけのわからない嘘つき、政党ですよ

渡辺喜美は、

彼のせいで、親の渡辺大臣が、首相の座につけなかったのです 

リクルート事件で 他にも、多々問題があり、自民党にいられなくなり離党した議員です

みんなの党の 浅尾慶一郎は、1000万人移民受け入れ構想の
リーダー (写真)

みんなの党代表の 江田憲司、他議員は

左翼系議員の代表例

神奈川8区の 江田憲司氏
 強固な憲法9条護憲派で、2003年に川田悦子(元衆院議員、川田 龍平の母)ら無所属議員3名と共に、
 自衛隊のイラク派遣に断固反対する声明を発表。

千葉5区の 田中甲氏
 民主党在籍時に、鳩山由紀夫(民主党現代表)・辻元清美(社民   党)らと共に、
 国立国会図書館法の一部改正法案の提出者に名を連ねた人物。

千葉4区の 野屋敷いと子氏
 社民党系の堂本暁子前千葉県知事を担ぎ出した市民団体の元副 代表。


みんなの党のバックには竹中がついている

・毎日放送「ちちんぷいぷい」での発言

野中広務:みんなの党の裏側には竹中平蔵がついておる。

今日の木村の逮捕を見ても、今後、みんなの党の裏側が見えてくる。
そうなったら、みんなの党が国民から支持されるかどうかは、わからないぞ。


みんなの党は 日本の資産、郵政も含めて、農協も、みんな開放し、アメリカに売却する、といっています
 
小さな政府、、小泉、竹中と同じ路線

国は国民の面倒はみない

国防は必要ない、防衛費を削減、アメリカの任せればよい

社会保障もカット、雇用保険も削減

あそこの議員は、護憲派の江田さん、それから、浅尾慶一郎という人

は、元民主党で、1000万人の外国人の移民を受け入れようと、がん

ばっています

社民、民主、共産と同じ考えの人、江田さんもそうです 護憲ですか

ら 軍隊は、絶対に反対派です

== 民主党、社民党、共産党と 非常によく似ています ==

みんなの党には、マスコミの対応は

消費税をアップしない、ところだけを大きく宣伝して、これからもアメリ

カに資金を与え続けることでしょう 

日本国内、小泉政権のように自殺者が増え、倒産が増えるでしょう
 
マスコミは、この党が、国防費を削減することも報道しない。


==竹中とアメリカが バックについているので、マスコミの報道は買

収されています。 

視聴率というのも、売国奴の電通が100%つくりだしています。偽り

です==


写真 
浅尾慶一郎の1000万人移民受け入れ構想

疑惑も「世襲」 小泉進次郎事務所費「三重計上」

「世襲候補、6年前から倍増=自民が半数以上―参院選」というニュースについて
--------------------------------------------------

== 疑惑も「世襲」 小泉進次郎事務所費「三重計上」 ==

【政治・経済】
2010年6月11日 掲載 (日刊ゲンダイ)

== 自民党は民主党を批判できるのか ==

 いきなり菅新政権の閣僚たちを襲った「事務所費疑惑」噴出に、自民党が調子づいている。石破政調会長は「当然辞任に値する。
首相の任命責任も問われるべき」と鼻息が荒いが、思い上がらない方がいい。今や党内きっての“人気者”小泉進次郎が親父から事務所費疑惑まで「継承」していたのを知っているのか。

 横須賀市中心部にあるテナントビルの一室。表札には「自民党神奈川県第11選挙区支部」の名はあるが、
「あるべきはずの政治団体」の名はない。
支部にいた女性スタッフは「分かる人が出払っていて何も答えられない」と繰り返すのみ。事務所内はとても、2つの政治団体が同居しているようには見えなかった。

 あまり知られていないが、国会で事務所費疑惑を追及された政治家の元祖は、進次郎の父・小泉元首相だ。
03年3月、参院予算委で民主党の桜井充議員が質問した。

「総理の自宅の敷地内で、なぜ家賃が発生するのか」

 疑惑の舞台は、横須賀の小泉の実家にあるプレハブ小屋。

実弟が代表の政治団体「小泉純一郎同志会」が、プレハブに「主たる事務所」を置きながら、家賃などの「事務所費」を計上していた。

金額は毎年、約500万円に上った。

 この時、小泉は「政治には、目に見えない部分がある」とはぐらかしたが、質問の13日後に異変が起きた。同志会が「主たる事務所」を前出のテナントビル内に変更。小泉が支部長を務めた自民党第11支部と同じ場所だった。

「約110平方メートルの事務所の家賃は、月約40万円。管理費や駐車場代を含め、多めに見積もっても年間600万円程度です」(地元不動産業者)

 自民党第11支部は事務所費として約700万円を計上、

新たに同居した同志会も移転前と変わらず約500万円を計上した。

ビルのオーナーは当時、一部報道に「家賃は変えていない。2団体分は受け取っていない」と証言した。

 民主党議員は国会で再三、「家賃の二重計上ではないか」

と追及したが、 小泉は「政治活動は、議員それぞれ」と、またもやゴマカシ答弁で逃げ切った。

その後も、二重家賃計上の状態は変わることなく、小泉は詳細な説明を拒んだまま、政界を離れてしまった。

== 親父の代からの “使途不明” 6億円 はどこに消えた ==

「同志会は事務所費以外の支出も使途不明で、収入の大半は小泉元首相の資金管理団体からの寄付で賄っていました。

元首相の引退に伴って昨年に解散するまでの約30年間で、寄付総額は 6億円を突破します。

同志会をトンネルにして巨額の政治資金を流用してきた疑いがあるのです」(民主党関係者)

 疑惑の構図は、進次郎にも引き継がれた。
進次郎が後継指名された08年の政治資金収支報告書によれば、解散前の同志会と自民党支部に加え、新たに進次郎の資金管理団体「泉進会」と政治団体「小泉進次郎同志会」が、同じ前出のテナントビルの事務所に “同居”。

泉進会を除く3団体が、別々に家賃などの事務所費を計上していた。内訳は政党支部が約609万円、同志会が約379万円、進次郎同志会が32万円。

== 総額 約1020万円という “疑惑の三重計上” である。 =

日刊ゲンダイ本紙は進次郎の事務所に文書で質問したが、10日までに回答はなかった。

自民党が菅政権を攻撃するなら、小泉親子の事務所費疑惑を解明してから出直した方がいい。

2010年7月28日 (水)

小◎元首相の真実 -その5- 「エロ魔王」と呼ばれていた

下ネタの話しかできない、小◎純一郎のようなのが、
総理になるのだから、あきれてしまう。

こういうエピソードがある

小◎総理が、イギリスのブレア首相との雑談で、
「私はかつてイギリス女性とおつきあいをしたことがあるが、(セックスの)相性はばっちりだった。実によかった!
すばらしかった!」
といって、イギリスを賞賛したつもりらしい、しかし、国際舞台で許されるべきジョークではない、ユーモアの本質を理解していない
彼の人格は破錠している

小泉の番記者が耳を疑ったことがある

小泉:「鳥はいいよな」
番記者:「どうしてですか?総理」
小泉:「いつでもやれるからだ。総理をやっているとたまるんだよ あれがね。

他にも、小泉は、
「疲れマラよろしくで、今日は、ピンピンだよ。ピンピン!」
「最近、また朝立ちするんだ」「オレ最近夢精しちゃうんだよね。しかも、それが、相当濃いんだよな。
「今日から、しばらくは右手が恋人だよな」 一人でにやにやすることがある

番記者は、小◎を密かに「エロ魔王」 と呼び、山崎拓と話が合うわけだ、と週刊誌が書いている

カナダで行われたサミットでは
シラク大統領と、ブッシュ大統領の前で
小泉:
「日本の家庭では、夫婦が別々に布団をしく、(セックス)終わったら自分の布団に戻って寝る
。それが、日本の文化なんです。」
と話したという。

小◎元首相が、学生時代に日本で、強姦事件を起こし、ほとぼりがさめるまで、
ロンドンに送られた

当時、パリにいて、日本人社会に熟知していて、小泉のことも知っている人物、
三井物産の総支配人をしていた小串正三氏は 2005年に、語った。

「小◎首相は、細かいことは実に熱心にやるが、大局的なことは考えない一種のオタク族の仲間で、
わが社では課長止まりの人ですから、そんなレベルの人に、首相をやらせるのは、、、」

と語った。

小泉は、新橋芸者の小半事件で、秘書の飯島が、全部、面倒を見て、証拠隠しをしたという、また、他にも、暴行事件を起こし秘書の飯島が、
処理したという、そのせいで、秘書の飯島には、頭が上がらないらしい。

また、学生時代の強姦事件と、学歴詐称事件があり、精神分裂病として松沢病院の入院歴など、議員になる前に、稲川会幹部の竹内清が、全部、マスコミ封じをしたので、
稲川会にも、頭が上がらない。「週刊 フライデー」で、選挙前にマスコミの口封じを全部、竹内たち、稲川会がやり、小泉を当選させた、と語った。

小泉の元秘書の話:

「小泉には、心を開いて話せる盟友やブレーンは、一人もいません。異常なほどの孤独癖に森(嘉郎元首相)も、今は、まったくサジを投げている。
その森に言われて、中川秀直前官房長官が小泉の子守役をやっていますが、東五反田の首相仮官邸に行っても、会話がほとんど続かないそうです。
ところが、信子さん(姉)が仮公邸に入って一日過ごすと、翌日は総理のご機嫌がとてもいい。」

「信子さんと小泉では比較するのが、失礼なほど、信子さんのほうが優秀です。自衛隊のイラク派遣を進言したのも、靖国神社参拝をすすめたのも信子さんです」

学歴詐称

小泉の選挙公報には、「慶応大学卒業後、ロンドン大学政治経済学部留学」 とあるが、
これは虚偽記載にあたる。

ロンドン大学には、政治経済学部はない。
また、小泉がロンドンに行ったのは、慶応大学の2年生のときであり、卒業はしていない。

同級生の栗本慎一郎氏の証言にもあるとおり、彼は、ほとんど、大学に来なくて、
2年のときに、いっしょだったが、単位が足りず、3年に進級できなかった。

そしたら、ロンドンにいってしまった、まったく目立たない、しょぼしょぼした横須賀から通ってくる学生だった。

そのあと、ロンドンで、数年、遊んでいたのか、数年してから、
ユニバーシティ カレッジ ロンドン の経済学部に1968-1969.6.20まで、1年足らず、聴講生の形で、遊学していたにすぎない。
しかし、単位は、まったく取れなかった。

小泉は、慶応大時代に地元の横須賀で、「慶応横須賀学生会」の会長を務めており、近所の倉庫をダンスホールに改造して
OLや女子学生を集めてダンスパーティを行っていた。
横須賀以外に「出張」するときは、結城純一郎と名乗りレイブを表す隠語として「やっつけようか」まで使っていた。
1967年4月に、小泉が女子学生をレイブし、警察に逮捕された
閣僚だった親が、事件をもみ消し、ほとぼりがさめるまで、ロンドンに送った。
この事件は、裁判になっているが、当時防衛大臣だった父親が、女性のほうには、慰謝料を支払い、謝罪し、、息子の小泉を、国外へ(イギリスへ)追放することで、
和解していた。イギリスへ行く前に、2か月ほど、松沢病院に入院、精神分裂病

藤原肇氏は、当時、パリの三井物産で資源開発の顧問の仕事をしていたところ、
ロンドンから来た人が、こんな話を彼にした。
「日本からきている留学生にとんでもないのがいる。慶応の学生だが日本で
婦女暴行で捕まり、そのほとぼりが冷めるまでこっちにいるというのだ。
なんでも、父親は、閣僚にいて警察には睨みが利いたらしい。それで事件をもみ消して、
息子をこっちによこしたというんだ。」
これが、小泉純一郎である。

小泉は、親が病死して、支持者たちから、ロンドンから呼び寄せられ、議員の選挙に立候補した。
いったい、いつ、慶応大学を卒業したかは、不明である。

また、彼の地元では、この強姦事件と、松沢病院のことが、噂になっていたので、また、松沢病院に精神分裂病で入院していたという話もある。
最初の選挙で、郵便局団体が、こんな男を政治家にしたら、大変だと、小泉を支持せず、他の候補者を支持した。

そのため、小泉は、僅差で、落選してしまった。

そのときに、小泉は、怒った。「俺の親が、郵政大臣をしていたんだぞ、それなのに、郵便局の団体は俺を支持しなかった。
」と。

これ以来、郵便局に対しての恨みがあり、郵政を、目のかたきに、することになる。

栗本慎一郎、櫻井よしこ、野中つとむ、中川秀直、森田実、森嘉郎、など、みなさん、同じようなことを言っていますね

「小泉狂乱」「さらば幕政」

「小泉純一郎と日本の病理」(藤原)「小泉純一郎ー血脈の王朝」(佐野)「無情の宰相・小泉純一郎」(松田)

この記事は 「小泉純一郎と日本の病理」、他より引用しました

関連記事

== 小◎元首相の真実 シリーズ==

その1 小◎の父は朝鮮人
http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-2bbd.html

その2 経歴と醜聞  彼のつくった法律は自分のため
http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-fc73.html

その3 いかに馬鹿か  栗本慎一郎氏
http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-ca1a.html

その4 ー小泉組と稲川会ー
http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-502c.html

小◎元首相の真実 その4 ー小泉組と稲川会ー

小泉の家系は港湾請負業で 元ヤクザ。指定暴力団 稲川会の会長と昔から親しく、過去の小泉元首相のスキャンダルは、全部、稲川会の助けで、封じ込めた

マスコミ対策として、電通社員や、関係者に多額の金をくばり、
「やらせ」 の報道をしている。 
小泉をいいように報道し、反対議員を悪く報道する。
--------------------------------------------
小泉組(こいずみぐみ)

は明治から昭和のはじめまで、現在の神奈川県横須賀市で活動していた土木・港湾請負業であった。
元首相小泉純一郎の曽祖父・由兵衛が興した請負業者であり、港湾都市から勃興した近代的な =ヤクザ組織の代表格= としても知られている。

入れ墨を入れている者は軍人になることができなかった。
又次郎(小泉純一郎の祖父)が背中から二の腕、足首まで彫った入れ墨は、九門竜だったとも「水滸伝」の魯智深(ろちしん)、すなわち花和尚だったともいわれる

小泉は若い頃、ある記者から「おじいさんから政治の薫陶(くんとう)は受けましたか」と尋ねられ、
「いや花札しか教わらなかった」 と答えている

長年選挙対策本部長を務めた竹内清(前神奈川県議会議長)は、
暴力団稲川会の元組員であり、石井会長と非常に親しい関係にあった。
写真週刊誌『FRIDAY』(2004年6月25日号)は
「小泉首相の選挙経歴 - 選挙対策本部長が元暴力団」
というスクープ記事を掲載し、
この竹内清の証言を引き出している。

この竹内の力で、1969年時の選挙の時に注目を集めた小泉の女性問題に関する中傷はピタリと止み、1972年初当選を果たした。

竹内清はその後連続10回選挙対策本部長を務め、2001年に政治活動から引退しているが、
全12回のうち10回の選挙を竹内清が仕切り、
小泉と闇勢力との深い関係は、初当選から30年以上の長期にわたって続いている。


中国人や韓国人、台湾人等の観光客に対するビザ免除等を行った
2003年の時点で524万人であった訪日外国人旅行者数は2007年には834万人となり過去最高を記録した。

北朝鮮に訪朝し金正日総書記と正式会談。


=マスコミに金を払ってやらせ をやっている=

このタウンミーティングでは、謝礼金を使った やらせ質問の横行、電通社員へ日当10万円の払い、 エレベーター係へ一日数万の払い、などといった不透明な実態が明るみに出た。

コストは平均2000万円、全国一巡したことで 20億円弱もかかっていた。

(Wikipedia、他、より)

小◎元首相の真実 その3 ーいかに馬鹿かー

【週刊現代 2005/12/24号 巻頭記事】
タイトル: 栗本慎一郎「パンツをはいた純一郎」

「私たちが慶応に入学したのが'60年安保の翌年ですから、高校時代に反対闘争に加わって浪人した連中も多かったのですが、彼は社会運動には何の興味も持っていなかった。  でも、彼にはもちろんそんな根性もない。小泉は横須賀の自宅からしょぼしょぼ通ってきていました。

 彼とは2年間、同じクラスでした。というのも、彼は単位が足りなくて3年に上がれず、そのままロンドンに留学したからです。もっとも、私らは誰も気づきませんでした。クラス委員の私にも届けがなかったし、彼は2年の後半は大学に来ていなかったので、誰もいなくなったことに気づかなかったくらいです。一人寂しくロンドンに旅立ったわけです。」

 小泉首相が公表しているプロフィールでは、慶大卒業後、'67年にロンドン大学に留学となっている。栗本氏の証言が正しければ、'63年に留学したごとになる。同級生たちはみな'63年渡欧と思っている。今回、本誌は小泉事務所に事実関係の確認を求めたが、締め切り日までに回答はなかった。

 小泉首相はロンドン大で通常の単位を取得しておらず「留学」という経歴が詐称ではないかと国会で追及されたこともある。


小泉は通常の意味で、とにかく頭が悪かった。本当は頭がいいんだけど、成績が悪いといったパターンがありますが、彼の場合、ただわかんないだけ。 理解カゼロなんです。

 彼がいかに頭が悪いか。私が'95年に衆議院議員として自民党に入党したときに、一時期彼の『押し掛け家庭教師』をやったことがあります『金融市場をどうするのか』、『戦後の日本経済のなかで、現在はどういう位置にあるのか』、そういったことについて、すでに名の知れた若手リーダーなのにあまりにとんちんかんなので、教えてやろうということになったわけです。

 それで、最初は私がやったのですが、あまりにダメなので、懇意にしている別の有名教授に応援を頼んだ。先生と生徒があまり親しいとうまくいかないことがある。それを心配したのです。
 それで某教授を呼んで、
『ひょっとしたら総理になるかもしれない男なのに、こんなんじゃ困るから』
と依頼したのです。

 某教授も小泉がそんなバカとは知らないので、日本のためにと、やってきた。でも、講義は、まったく前に進まない。しかたがないから、私が司会のように横についた。『これは○○のことを話しているんだよ』と、解説した。家庭教師に司会が必要だったわけです。

 ところが、それでも話が進まない。私がそばにいるせいで格好つけているのかと思って、行きたくもないトイレに立って席を外してみました。しかし、戻ってきても進んでいない。結局、3時間ほどやって諦めました。

 後で某教授に『どうですか』と聞いたら、『ダメだねえ』と言って困ってました。 

そして彼がこう断じたのです。

『これがわからないとか、あれがわからないということじゃなくて、問題がわかっていない』
 
 小泉は採点のしようがないぐらいバカだというのが正しい評価です。

前首相の森喜朗さんも頭が悪そうですが、彼は、自分がわかっていないことがわかるようだ。だからぅ森のほうが少し上です。

なぜ郵政事業をこれほどまで犠牲を出しつつ民営化しなければならないか、何度小泉の演説を聴いても単純すぎてさっぱり理解できない。

民間のできることは全部民間でと言うのなら、道路公団についてなぜあんなに適当にやるのかわからない。

彼は郵政民営化について、中身はせいぜい5分しか話すことができないのです。
何十年とそればっかり考えてきて、5分しか話せないんですよ。これは問題でしょう。
 
ところが、テレビに出るときは5分で十分なんです。

発言が放映される時間は、せいぜい5分ですから。

しかし、議論はまったくできない。だから、突然の断行強行になってしまうのです。

私は、一、二度、彼と二人だけで新幹線に乗りました。東京から京都まで、あるいは大阪まで、隣に坐ったわけですが、あれほど退屈な時間はなかった。

彼はとにかく普通の話ができない。
議員同士の世間話をしても、前日の国会の話をしても10分で終わってしまう。 だからしょうがない。 二人とも寝るしかない。
 
 小泉の発言は明確だと言われますが、真相は長いことを喋れないから、話が短くて明確そうに聞こえるだけです。話がもたないから、すぐ結論を言ってしまうわけです。」

小◎元首相の真実 その2 ー経歴と醜聞ー

小◎元首相の父親は、鹿児島出身ですが、在日朝鮮人です
若いときは、朝鮮銀行、朝鮮の団体などで働いていました

小泉家に恋愛結婚で、母方の小泉家の父親(大臣)に、大反対をされ、駆け落ちをして、同棲をはじめ、やむをえず、結婚を認め、小泉家に婿養子に入ったのが、小泉元首相の父親です しかし、母方の大臣になった小泉の祖父も、父親がトビ職だった。
小泉家も、あまり家柄がよくないらしいです。

それに、小泉さんは、大学時代に女子大生を強姦し逮捕されたことがあり、父親が防衛長官だったので、もみ消しされた、結純一郎という名前で、大学にも行かず、遊んでいた。

そのときに、逮捕を免れるためか、松沢病院という精神病院に入れられました2ヶ月、精神分裂病ということで、そして頭を冷やすため、大学を休学してロンドンに留学させられた
父親が、死亡したので、支持者からロンドンからつれもどされ、地盤、かんばん、かばん、政治資金、支持者を引継ぎ、議員になった。

また、首相時代に、新橋芸者の愛人小半が、変死しました
小泉が、SMプレイをしていて死んでしまったようです
秘書の飯島が、うまく処理しました 自殺ということになったようです 
小泉は、自分の過去を隠すために、

小泉が首相のときに、それまで医学書では、
「精神分裂病」といっていた病名を、「統合失調症」という病名に変えた

さらに、「個人情報保護法」という法律もつくりました

国民に自分の過去の事実や出生、をわからなくさせ、自分の過去をもみ消しました

「個人情報保護法」と

病名の精神分裂病の呼び方変更

「統合失調症」は、

自分の保身のためにしたものです

また、首相のときに、イスラエル(ユダヤ)をたずねて、彼らの衣装をきて、お祈りをしています、

日本国民のためではなくて、アメリカ、ユダヤのために非常に貢献した人です。 

彼のやりかたは、朝鮮人のDNAです

それを、北朝鮮の金正日は知っています
 
だから、小泉と面会をしました 

小泉が韓国のビザを免除したり、北朝鮮に援助したり、朝鮮銀行に1.4兆円もの血税を投入して援助した
Photo_3

小◎元首相の真実 その1  ー父親は朝鮮人ー

小◎元首相の父 小◎純也は、朝鮮人です 

2007年度 辞書より転載


『小泉純也』 (小泉純一郎の父)

鹿児島県川辺郡東加世田村小湊字小松原(現・南さつま市)出身。
実父は在日朝鮮人。
家が貧しかったため、小学校を出ると鹿児島市内に出て、山形屋百貨店の丁稚となり、夜は鹿児島実業に通った。代議士岩切茂雄の書生となって、日本大学法学部政治学科の夜学に通わせてもらい、1930年に卒業。岩切の紹介で立憲民政党の職員となり、当時民政党の幹事長を務めていた小泉又次郎のもとに出入りし、それが縁となり小泉家の家族と接するようになった。やがて小泉家に出入りするうちに又次郎の長女・芳江と恋仲になる。二人の恋愛に又次郎は反対だったが、純也と芳江は又次郎の反対を押し切り駆け落ち同然に家を出て、東京・青山の同潤会アパートで同棲。結局、又次郎のほうが折れて純也が代議士になれたら一緒になることを許すとして認めることになった。 

 娘、芳江が朝鮮人の純也とかけ落ちしたときの話
又次郎(小泉の母方祖父)は『帰って来い』と、新聞の尋ね人欄に広告までだしている(梅田功 『変革者 小泉家の3人の男たち』87頁)。
純也と芳江の結婚について、又次郎の養女だった近藤壽子は 

「本当に大変だったんです。 なにしろ駆け落ち同然の結婚でしたからね。 芳江さんはハンサム好みで、ハンサムな男性を見るとイチコロなんです。 又次郎さんはもっと立派なところから婿を欲しいと思っていたんでしょう、すごく反対して怒ってました。」

と述べている(佐野眞一著『小泉純一郎-血脈の王朝』148頁)。


小泉純也をよく知る人の本
歳川さんは、小泉首相の父親である純也氏が、1930年代に朝鮮総督府で事務官として働いたこともあったと述べた。純也氏は、総督府に勤務していた当時、小泉又次郎郵政長官と知り合いになり、その後小泉逓信(郵政)大臣の娘婿になって選挙区まで受け継いだ。

日本の小泉純一郎首相の父親で自民党所属の国会議員だった小泉純也氏(1969年死去)が1950年代末、在日朝鮮人の北朝鮮送還事業に中心的な役割を果たしていたことがわかった

小泉首相の父親のこのような過去は、2002年の小泉首相の訪朝以後、日本の会員制雑誌である『インサイドライン』の発行人、歳川隆雄さん(58)の追跡取材によって明らかになった。

歳川さんは20日、本社の記者に会い「小泉首相の父親が、在日朝鮮人の北朝鮮送還の中心人物だったことは、小泉首相にとって最大のタブー」とし、「靖国神社参拜にこだわる小泉首相の姿勢と一見、矛盾するかのように見えるが、日朝国交正常化にこだわっている理由も父親の政治的背景と決して無縁ではない」と主張した。

 歳川さんによると、在日朝鮮人帰国協力会は、共産党と社会党の影響力が強かった「日朝協会」の主導によって結成され、日朝協会の山口熊一会長、自民党の小泉純也議員、岩本信行議員の3人が代表委員を務めた。

以上が、父親のことです
--------------------
以下は、母方(小泉)の祖父のことです

小泉元首相の祖父です(母方の父親、小泉家です)

トビ職人の次男で、貧しかった。全身に刺青をしていた
その理由は、当時、とび職人は、裸で仕事をしていて、みんな刺青を全身のほって、ふんどし一丁で、仕事をしていた
ので、彼もあとつぐために、全身に刺青をしていた
それが、大臣までなり、いれずみのxx大臣 と呼ばれていたそうです

祖父小泉又次郎は武蔵国久良岐郡六浦荘村大道(現在の神奈川県横浜市金沢区大道)に「とび職人」由兵衛の二男として生まれた。由兵衛はのちに横須賀に移って、海軍に労務者、砲弾や石炭、食糧などを送り込む請負師となった。
又次郎は明治41年(1908年)衆議院議員に当選、浜口雄幸内閣、第2次若槻禮次郎内閣で逓信大臣を務めた。

神一行著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』236 - 237頁に

 「さてその小泉の閨閥であるが名門といわれるほどのものではない。むしろ小泉の性格は三代続く政治家家系の血筋とみてよい。」 とある。
-----------------------------

小泉元首相が実施した政策は朝鮮よりのものが多かったのはそのためのようです。

韓国人へのピザ免除した
 
国民間に表れた悲惨なまでの『所得格差』なんぞには、ナ ンの痛痒も感じなかった

北に多額の送金の末、偽装破綻?した朝鮮銀行に1兆4000億円もの血税使って助けた

朝鮮総連の総会で祝辞述べた

金正日と面会

北朝鮮に食料など、多大の支援をした


写真
(民族研究の専門家より)
当然小泉さんが朝鮮系の人だというのは顔を見ればすぐ判ります。韓国にいるこちらの方も彼に遺伝子的にとても近いかも知れません。

続き その2、その3 その4 もお読みください

2_2   

2010年7月27日 (火)

日本は変わった国 改悪国籍法 反対したのは国民新党だけだった 

続きを読む "日本は変わった国 改悪国籍法 反対したのは国民新党だけだった " »

2010年7月26日 (月)

国民新党は 自民党より100倍まともな保守政党

続きを読む "国民新党は 自民党より100倍まともな保守政党" »

2010年7月25日 (日)

ハゲタカの戦略であった みんなの党の躍進 マスコミ買収

続きを読む "ハゲタカの戦略であった みんなの党の躍進 マスコミ買収" »

マスコミは事実を伝えない 買収されたマスコミ報道

続きを読む "マスコミは事実を伝えない 買収されたマスコミ報道" »

2010年7月24日 (土)

マスコミが報道しない郵政民営化 その2

続きを読む "マスコミが報道しない郵政民営化 その2" »

2010年7月23日 (金)

マスコミが報道しない郵政民営化の真実

続きを読む "マスコミが報道しない郵政民営化の真実" »

2010年7月22日 (木)

自分の国は自分で守る 日本人は「占領ボケ」 亀井静香大臣

続きを読む "自分の国は自分で守る 日本人は「占領ボケ」 亀井静香大臣" »

国民新党代表 亀井静香経歴 立派な政治家

続きを読む "国民新党代表 亀井静香経歴 立派な政治家" »

2010年7月21日 (水)

議員の歳費(給料)と世襲議員 (長谷川博) 

続きを読む "議員の歳費(給料)と世襲議員 (長谷川博) " »

2010年7月20日 (火)

世襲制は改革阻害の最大要因 (アメリカより)

続きを読む "世襲制は改革阻害の最大要因 (アメリカより)" »

2010年7月16日 (金)

自分の国を自分で守るのが 「普通の国」

続きを読む "自分の国を自分で守るのが 「普通の国」" »

トップページ | 2010年8月 »