トップページ | 世襲制は改革阻害の最大要因 (アメリカより) »

2010年7月16日 (金)

自分の国を自分で守るのが 「普通の国」

私は30年前に、イギリスに滞在していました そして、ヨーロッパ各国から人々がきていましたので、よくこの軍事力、国防力の議論をしました
その後も、アメリカに滞在していましたが、その当時から、私の意見は、変わっていません

自分の国を自分で守るのは、まったく普通の国です

第二次世界大戦に負けた、イタリア、ドイツでも、軍隊をもっています
そして、海外で、軍事行動を行うことはできます どこの国からも制限されません

イタリアも、ドイツも、アフガン派兵をして、ドイツの空軍は、最近も、爆撃を行っている

軍隊をもたない、海外で軍事行動もできない憲法は、そもそも、戦争に勝ったアメリカ人がつくった憲法であって、日本人が自ら作ったものではない、 

その憲法を守るというのは、アメリカ人に都合のいいように作られた憲法を守るということなのだ

自分の国を自分たちで守るのが、「普通の国」です

日本には、その軍隊がない、となりの国、非常に危険が国、中国、ロシア、北朝鮮、これらの危険なくにが、隣にいるのです そして、核をみなもっている、それで日本は核なくして、国防はできない

私は、30年前から、日本は軍隊をもち、核ももち、自分の国は自分で守れる「普通の国」になるべきだ。。といってきました

しかし、今から、中国の軍事力に追いつけるだろうか、
まったく、訓練されていない、日本の軍隊は、今すぐには、間に合わない

日本には、3つの選択肢しかないと思っています

1  軍隊、核を自分たちで、もち、自分の国は自分で守る、普通の国になる

 軍隊をもつのは、憲法違反だ、、なんていっている人たちがいますが、
その憲法はいったい誰が作ったのか、日本人のつくったものではない
戦後、戦争に負けて、軍隊を放棄させられて、また、海外での軍事行動もできないなどと、
戦争に勝ったアメリカによってつくられた、憲法なのだ
アメリカ人は、ときどき、「日本はわれわれがつくった憲法によって、海外派兵はできないのだ」とあざ笑っている

2 アメリカの国になってしまう、アメリカのひとつの州になってしまう

アメリカにこれからも守ってもらう、、しかし これは今後、非常に無理があるように思います
アメリカは、自分の国を優先しますから、危険がおよべば、日本を守れない
また、日本よりも、中国と仲良くされる可能性がある
ですから、いっそのこと、アメリカの国になってしまう アメリカの国となれば、アメリカの軍隊は、自国をなにがなんでも、守りますから、日本は、アメリカのひとつの州になれば、守られる

3 中国、韓国に占領される

軍事力ももたず、核ももたず、アメリカとも、距離をおけば、簡単に占領されてしまう、
チベットのように、中国の軍事力で、占領されてしまうだろう
日本という国はなくなり、中国になってしまう

トップページ | 世襲制は改革阻害の最大要因 (アメリカより) »

コメント

ついでに雇用も増えますね
さらに近辺の国は日本が軍隊を持つことによって脅威を感じます
やっと諸外国とお金をばらまかず対等に渡り合えるでしょう
良い事だらけですね
アメリカの犬になった人たちと平和ボケした人たちの目を覚まさないといけません
どうすればいいんだろうか・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386849/35857290

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の国を自分で守るのが 「普通の国」:

トップページ | 世襲制は改革阻害の最大要因 (アメリカより) »