« GoogleとCIAが 世界的監視システム | トップページ | 亀井静香元金融大臣は 「日本のチェゲバラ」(続編)モラトリアム法ができた動機 »

2010年8月27日 (金)

亀井静香元金融大臣は 「日本のチェ ゲバラ」 100万件以上中小企業を倒産から救い、17%の自殺者数激減 (モラトリアム法)

管総理も、野田財務大臣も経済オンチです

民主党の管さんと、国民新党の亀井さんは、まったく経済に関しては、違う意見です しかし、民主党が主導権をもっているので、しかたないです。

亀井静香さんは、東大の経済学部卒ですから、金融大臣時代に、非常にいい政策をしてくれました

それで、企業倒産も減りましたし、自殺者数も減りました

彼は、収入が減ったり、首になったり、困っている個人に住宅ローンの返済期間延長による毎月の支払の減額をしました

そして、全金融機関と政策銀行、地方自治体に対しても 個人、中小企業にたいして、低利の融資を積極的にしてくれました

そして、貸し渋り、貸しはがしは、断じて、禁止しました

そして、国、地方自治体が、保障人となって、困っている個人、企業に低利の融資をしました

--(小泉竹中の政策は)--

小泉竹中の政策により、自殺者数、企業倒産が史上最多であった。

小泉竹中のときから、労働者派遣法が変更され、それまでは、派遣社員は、法律で守られていたのですが、派遣社員が簡単に採用され、簡単に首切ることができるように変えられました。

これは、アメリカからの要望でした。

小泉竹中が、アメリカ企業のために、変えた法律です

= 企業は社員のものではなく、株主のもの =

と変わりました。

= 社員は経費であり、使い捨てです =

この派遣法の変更による貢献で、竹中は、パソナ? だったかな、派遣会社の役員になり、高給をもらっています

不況で、簡単に企業から首切られ、生活できず、多くの人が自殺しました、

史上最多となった。

また、竹中主導の銀行は、貸し渋り、貸し渋りどころか、貸しはがしを、しました

不況で困っている中小企業、個人商店から、貸しているお金を、全額返せとい

きなり言ってくるのです なんら滞納もなく支払っている企業に対して。

毎年、企業、個人商店のPLを銀行に提出させるように変更し、業績が悪化していると、いいがかりをつけて、何ら滞納もない顧客に対して、全額の返済を要求してくる

これが貸しはがしです。 これが、小泉、竹中のときの政策だった

税金のとりたてもひどかった。個人の家のカギをこじあけて、税金が払えない人から、物を奪っていく。家賃も払えなくて困っている人から、生活用品まで、とりたてる。という

弱肉強食時代 金のないものは、死んでくれ。

小泉、竹中は小さな政府をめざす、無政府状態に近づいていく。

国は国民の面倒はみない

というやり方であった

-----------------

政権交代をして、亀井静香が金融大臣になってから、

亀井大臣が助けました。 自殺者が減りました 

  (共同通信 2010.5.18 より)

  4月の自殺者大幅減 政府の対策が効果か

  警察庁が10日まとめた自殺者統計(暫定値)によると、

  4月の自殺者数は2493人で、昨年4月と比べ18・7%の大幅減少に

  なった。前年同月より減ったのは昨年9月以降、8カ月連続。

  1~4月の自殺者の累計は1万309人で、前年同期より9・0%減。

そして、企業倒産も減りました 

マスコミは、亀井さんの政策を、「モラトリアム」 という言葉をつかっていますが、亀井さんが、言った言葉ではない。 

困っている人を助けたのです

亀井氏の好きな人は、「チェ ゲバラ」と「大塩平八郎」 です、

困っている人を助けるのです。

私の知人の中小企業経営者も、彼を高く評価していました 

それから、どんどん市場に金がまわるように、亀井さんは、民主党に要望しました デフレを脱却するには、金が市場にまわることが必要だからです。

亀井さんは、消費税は上げるのは、大反対しました

理由は、

(1)

今やっと、国民がたちなおりかけているときに、ここで税をあげては、だめだ。国民がまた苦しむ、景気が逆戻りする。

(2) 

また、さすがに東大出身の経済学士らしく、日本は今、デフレの時代だから、デフレのときには、消費税はあげては、経済学上も、だめだと、反対しました

民主党は、ヨーロッパは、日本より消費税がもっと高いなんて、いっているが、それは、事情が違うからだ、、と

ヨーロッパは、インフレ なんです

インフレの場合は、消費税をあげなくては、いけないのだ

しかし、逆に、今の日本はデフレである、だから、消費税は絶対あげてはいけない。

そして、まず、このデフレを脱却させる、ことだ

と主張していました  

== 経済通の立派な大臣でした ==

そして、個人、中小企業を助けるために、低利息の融資をしてあげるために、どんどん市場に金をまわしてほしいと民主党に要求しました

しかし、民主党は、しぶりました。

彼の政策 「モラトリアム」(マスコミがつけた言葉)のおかげで、本当に自殺する人が減り、企業倒産が減りました

亀井静香は、多くの日本人を救いました

何千人という日本人が、貸しはがし、貸し渋りから救われ、ローン地獄から救われ

死ななくてもよくなったのですよ。

自殺しなくてすむようのなったのですよ。苦しいときに、ローンも延長してくれて。

立派な大臣でした、

== 亀井静香さんは、「日本のチェゲバラ」です ==

亀井さんは、小泉、竹中、CIA,ハゲタカ、マスコミ(電通)に、さんざん、失脚させられました。 現在も、彼らの執拗な亀井静香と国民新党、抹殺は、続いている。亀井さんが、郵政の資産を凍結したからです そして小泉竹中の闇を暴こうとしたからです

計画的失脚と暗殺、から身を守っていただくよう祈るばかり

亀井さんや国民新党が失脚させられたり、暗殺されたら、上の人たちの策略ということになります

« GoogleとCIAが 世界的監視システム | トップページ | 亀井静香元金融大臣は 「日本のチェゲバラ」(続編)モラトリアム法ができた動機 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386849/36381383

この記事へのトラックバック一覧です: 亀井静香元金融大臣は 「日本のチェ ゲバラ」 100万件以上中小企業を倒産から救い、17%の自殺者数激減 (モラトリアム法):

« GoogleとCIAが 世界的監視システム | トップページ | 亀井静香元金融大臣は 「日本のチェゲバラ」(続編)モラトリアム法ができた動機 »