« 竹中役員の外為ドットコム業務停止命令 | トップページ | タカ派 亀井静香氏の所属団体 共産党より批判される »

2010年9月28日 (火)

国民新党の「防衛大綱」「防衛産業大綱」自衛隊強化 軍事力強化

== 亀井静香氏を総理にしよう==

国民新党の政策、日本の全離島に、自衛隊基地を配備し、自衛隊の強化 国防の強化

近隣諸国、中国、韓国、ロシアなど、軍事力、軍事費が、増加しているのに、日本だけ、長年縮小してきた、これは間違い

近隣が、軍事力を強化しているのに、日本も、軍事力を強化するべきである

アメリカとの協力は維持しながらも、自主防衛、自国での防衛を強化

外国人の日本の不動産売買に規制をかける

子供手当は、収入制限を、そして、海外の子へは、支払わない

自国防衛は、基本である

長崎広島に原爆を落とされ依頼、日本人は占領ボケしている

亀井静香
 東京大学経済学部卒
 衆議院選挙連続当選(11期目)

閣僚経験

運輸大臣 (村山内閣)、
建設大臣 (橋本内閣)、
自民党 政務調査会長 (小渕内閣)。
自民党 政務調査会長再任 (森内閣)  
自民党 志帥会会長 (別名、亀井派で60名の自民党議院の会長)
国務大臣金融・郵政改革担当 (鳩山内閣、菅内閣)

国民新党2010年政策集 (2010年4月発表)より抜粋
http://www.kokumin.or.jp/seiken-seisaku2010/index.shtml
より抜粋

I  国土・国益を守りぬく
   ―伝統・誇り・価値の継承

1. 正しい歴史、文化、道徳の継承
2. 外国人参政権反対
3. 夫婦別姓反対

4. == 抑止力は“国民の決意”自主防衛力の計画的強化 ==

中国、ロシア、韓国などの近隣諸国は、軍事費を毎年 2桁の割合で

増額しながら著しい軍拡を続けています。

加えて、中国および北朝鮮の軍事的脅威が年々高まる中、

我が国は、こうした事情を一切顧みることなく 8年連続 の防衛費

削減を続けてきました。

このような状況の中で、

== 既に地域内の軍事的バランスの崩壊が始まっており、==

== これを放置すれば取り返しのつかない軍事力格差が生じるこ

とになります。 ==

◎ 国民新党は米軍再編を機に、我が国の果たすべき防衛上の役割を

   == 次期「防衛大綱」を通じて明確化し、==

自衛隊員の増員と待遇改善、雇用安定対策や防衛関係予算の拡充を含めた

==先進国として国際的な水準に合致した防衛力整備 ==

を行います。

また、

== 離島及び周辺海域の防衛体制を適正化 ==する為、

石垣・与那国など南西諸島地域における新たな

== 自衛隊駐屯地創設 ==をはじめとして我が国の広大な

== 海域・空域に適した体制整備 == を図ります。

◎ 防衛関連の生産部門と技術基盤は戦力と一体不可分です。

私達は

== 「防衛産業大綱」 ==策定を通じて、

我が国の領土・国民を守る装備品の生産部門を維持・発展

させる体制を築き、

大企業から中小零細企業にいたるまで、国内調達体制をしっかりと

支える制度を確立します。

◎ 周辺諸国の航空戦力の近代化と増強は著しく、我が国の航空自

衛隊の防空能力を凌駕するまでになろうとしています。

我が国においても、

== 最新鋭戦闘機の導入 ==

および

== 国産第5世代戦闘機の開発== を推進することにより、

== 軍事的バランスの維持、

== 更には航空優勢の確保や防空を含む

== 総合的な航空作戦能力の向上

を図ります。

◎ 大量破壊兵器の脅威が高まる今日、とりわけ我が国が直面する

周辺諸国の弾道ミサイルの脅威から、国民の生命および重要施設

等を守らなければなりません。

== PAC3の追加配備、

== 高性能迎撃ミサイルの導入、

== 宇宙からの監視機能強化など、

== あらゆる選択肢を排除せず総合的なミサイル防衛体制の強化

に積極的に取り組んで参ります。

5 .新しい時代の日米同盟の中での米軍基地

6. 拉致問題の早期解決
7. 資源、エネルギー確保の為の戦略的外交
8. 平成の自主憲法創設へ憲法論議の再開促進
9. 防災事業の一層の強化

10. 減反政策の見直しと米食・飼料米の拡大を通じた
    食料自給率向上

II  経済成長による財政健全化
     ―景気回復に全力投球
1 .3ヵ年で総額100兆円の経済対策、5%の経済成長達成
2. 高速交通ネットワークの完成による国家競争力の強化
3. 通勤・渋滞地獄の解消
4. 各地域ブロックにおける大型プロジェクトの策定
5. 中小企業活性化から日本復活
6. 農林水産業や環境分野のビジネスを推進
7. 「いきいき地方復活交付金制度」の新設
8. 無利子非課税国債新設と一般会計と特別会計の一体運用によ    る財源確保

地域から全国へ。日本のすみずみに力を与えてゆきます。
III 郵政改革のゴールは本物の地域力
  ― 安全・成熟の国土形成
1. 郵貯・かんぽ資金の戦略的運用で大型国家プロジェクトを推進
2. 地方債、過疎債、社債、地域ファンドへの運用枠拡大で 地域経  済の活性化
3. 地域金融機関への資本性資金(普通株・優先株・劣後債)提供
4. 中小企業、個人向けの小規模無担保融資制度の創設
5. 郵便局におけるワンストップ行政サービス機能の拡大
6. 郵政施設を拠点とした防災、介護サービスの提供
7. 郵政事業における非正規職員の正規化

IV 小泉・竹中改革の抜本的見直し
   ― 格差の解消、地域の再生
1. 若者就職基金の創設、正規雇用転換奨励金の拡充
2. 仕送り減税の創設・奨学金制度の拡充
3. 改正障害者自立支援法の一層の充実
4. 子育て環境の強化
5. 中高齢者層の社会参加を推進

V  医療・福祉の政府保証
    ―安心の回復
1. 医療保険制度の一元化とOECD並み医療費の確保
2. 医師・看護師不足の解消と介護職員の待遇改善
3. 公的な医療事故調査機関の創設と無過失補償制度の確立
4. がん研究、感染症対策の強化を通じた医療の質の向上設
5. 高齢化社会を守り、全身の健康増進を図るための歯科医療政策  の転換
6. 年金の信頼回復と新たなる形の構築

2010年政策集―国民新党 より一部抜粋しました
http://www.kokumin.or.jp/seiken-seisaku2010/index.shtml

« 竹中役員の外為ドットコム業務停止命令 | トップページ | タカ派 亀井静香氏の所属団体 共産党より批判される »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386849/36971948

この記事へのトラックバック一覧です: 国民新党の「防衛大綱」「防衛産業大綱」自衛隊強化 軍事力強化:

« 竹中役員の外為ドットコム業務停止命令 | トップページ | タカ派 亀井静香氏の所属団体 共産党より批判される »