« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の8件の記事

2010年10月24日 (日)

亀井静香元金融大臣は 「日本のチェゲバラ」

亀井静香元金融大臣は 「日本のチェゲバラ」 だ
 
管総理も、野田財務大臣も経済オンチ

民主党の管さんと、国民新党の亀井さんは、まったく経済に関しては、違う意見です

しかし、民主党が主導権をもっているので、しかたないです。

亀井静香さんは、東大の経済学部卒ですから、金融大臣時代に、

非常にいい政策をしてくれました

それで、企業倒産も減りましたし、自殺者数も減りました

彼は、収入が減ったり、首になったり、困っている個人に

住宅ローンの返済期間延長による毎月の支払の減額をしました

そして、全金融機関と政策銀行、地方自治体に対しても

個人、中小企業にたいして、低利の融資を積極的にしました

そして、貸し渋り、貸しはがしは、断じて、禁止しました

そして、国、地方自治体が、保障人となって困っている個人、企業に低利の融資をしました

ー小泉竹中の政策はー

小泉竹中の政策により、自殺者数、企業倒産が史上最多であった。

小泉竹中のときから、労働者派遣法が変更され、それまでは、派遣社員は、法律で守られていたのですが、
派遣社員が簡単に採用され、簡単に首切ることが、合法的にできるように変えられました。

これは、アメリカからの要望でした。
小泉竹中が、アメリカ企業のために、変えた法律です

= 企業は社員のものではなく、株主のもの =

と変わりました。

= 社員は経費であり、使い捨てです =

この派遣法の変更による貢献で、竹中は、パソナ? だったか、派
遣会社の役員になり、高給をもらっています

不況で、簡単に企業から首切られ、生活できず、多くの人が自殺しました

また、竹中主導の銀行は、貸し渋り、貸し渋りどころか、貸しはがし
をしました

不況で困っている中小企業、個人商店から、貸しているお金を、全額返せと いきなり言ってくるのです なんら滞納もなく支払っている企業に対して。
毎年、企業、個人商店のPLを銀行に提出させるように変更し、
業績が悪化していると、いいがかりをつけて、何ら滞納もない顧客に対して、全額の返済を要求してくる

これが貸しはがしです。 これが、小泉、竹中のときの政策だった

税金のとりたてもひどかった。個人の家のカギをこじあけて、税金が
払えない人から、物を奪っていく。
家賃も払えなくて困っている人から、生活用品まで、とりたてる。という

弱肉強食時代 金のないものは、死んでくれ。 

小泉、竹中は小さな政府をめざし、無政府状態に近づいていった
国は国民の面倒はみない というやりかた
--------------

政権交代をして、亀井静香が金融大臣になってから、

亀井大臣が助けました。 自殺者が減りました (18.7%の大幅減)

そして、企業倒産も減りました 

マスコミは、亀井さんの政策を、「モラトリアム」 という言葉をつかっ

ていますが、亀井さんが、言った言葉ではない。 

困っている人を助けたのです

亀井氏の好きな人は、「チェ ゲバラ」と「大塩平八郎」 です、

困っている人を助けるのです。

私の知人の中小企業経営者も、彼を高く評価していました 

それから、どんどん市場に金がまわるように、亀井さんは、民主党に

要望しました デフレを脱却するには、金が市場にまわることが必要

だからです。

亀井さんは、消費税は上げるのは、大反対しました

理由は、

(1)今やっと、国民がたちなおりかけているときに、ここで税をあげて

は、だめだ。国民がまた苦しむ、景気が逆戻りする。

(2) さすがに東大出身の経済学士らしく、

日本は今、デフレの時代だから、デフレのときには、消費税はあげて

は、経済学上も、だめだと、反対しました

民主党は、ヨーロッパは、日本より消費税がもっと高いなんて、いっ

ているが、それは、事情が違うからだ、、と

ヨーロッパは、インフレ です

インフレの場合は、消費税をあげなくては、いけないのだ

逆に、日本はデフレである、だから、消費税は絶対あげてはいけない

そして、まず、このデフレを脱却させる、ことだ

と主張しました  

== 経済通の立派な大臣でした ==

そして、個人、中小企業を助けるために、低利息の融資をしてあげる
ために、どんどん市場に金をまわしてほしいと民主党に要求しました
しかし、民主党は、しぶりました。

彼の政策のおかげで、自殺する人が減り、企業倒産が減りました

亀井静香は、多くの日本人を救いました

何千人という日本人が、貸しはがし、貸し渋りから救われ、ローン地獄から救われ、死ななくてもよくなったのです

自殺しなくてすむようのなったのですよ。苦しいときに、ローンも延長してくれて。

立派な大臣でした、

== 亀井静香さんは、「日本のチェゲバラ」 です ==

(参考)
ー共同通信2010.5.18 よりー
4月の自殺者大幅減 政府の対策が効果か

 警察庁が10日まとめた自殺者統計(暫定値)によると、4月の自殺者数は2493人で、昨年4月と比べ18・7%の大幅減少になった。前年同月より減ったのは昨年9月以降、8カ月連続。
 1~4月の自殺者の累計は1万309人で、前年同期より9・0%減。
-----------

亀井さんは、小泉、竹中の悪行をあばこうとしているので、彼らに狙われています
小泉竹中が、郵政民営化の報酬を3兆円ほど米国債かなにか、期限付きの債権でもらっていて、民営化を完成しないと現金化できないのだ それであせっている、らしい。

今回のりそな関連、日本振興銀行関連
しかし、重要参考人の弁護士赤坂が、死亡した。
次々と、小泉 竹中に関連の重要な証人が、不審な死をとげていくのだ。
それから、郵政の資産を狙っているハゲタカである、
これが、一番、こわいです

亀井さんに対する、計画的失脚と暗殺から 身を守っていただくよう

祈るばかりです

2010年10月 8日 (金)

【尖閣衝突事件】国民・亀井代表 衝突ビデオ、「世界にオープンにすべきだ」

(産経ニュース、MSNニュース 転載)

【尖閣衝突事件】 国民・亀井代表 衝突ビデオ、「世界にオープンにすべきだ」

2010.10.6 17:43

 国民新党の亀井静香代表は6日の党幹部会で、海上保安庁が中国漁船衝突事件の様子を撮影したビデオ映像について

「世界にオープンにした上で、中国も日本も世界も現実を見て対応していくことが必要だ。事実関係を隠して、日中関係が雪解けすればいいという便宜主義的な言説が(政府・民主党を)覆っているが、そういう問題ではない」

と述べ、公開すべきだとの考えを示した。

民主党を批判した

【尖閣衝突事件】 国民新・亀井代表、「中国人、特別対応できない」

2010.9.22 17:43

 22日、香港を出港する「保釣行動委員会」所有の漁船(ロイター) 国民新党の亀井静香代表は22日の記者会見で、尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件への中国側の強硬姿勢について、

「中国の過剰な対応が目につく。日本には日本の法的な手続きがあり、中国人だからといって特別な対応をするわけにはいかない。

世界も見ている。 (日本政府は)堂々と対応すればいい」

と述べた。

菅総理へ 「尖閣諸島は古代より中国領土」 温家宝首相

2010年10月06日

菅総理へ「尖閣諸島は古代より中国領土」温家宝首相  (NEVADAブログより転載)

中国の新華社は、菅総理との日中首脳会談(原文のまま)で『尖閣諸島は古代から中国の領土だ』と述べたと報じています。

中国は歴史をねつ造するのに得意な国家ですが、今回、『古代』という表現を使ったことは注意すべきことです。
歴史ではなく、『古代』となればもはや争う意思もなく日本に古文書が残っていたとしても、はるか以前の『古代』から中国の領土としているからです。

古代とはいったいいつからを指すのかわかりませんが、アンモナイトが生きていた時代も「古代」であり、尖閣諸島が出来あがった時から中国領土ということになっているのです。

そのうちに「日本列島も古代から中国の領土」と言い始めるのでしょうが、1969年に以下のような主張があったと中嶋元香港総領事が述べています。

『尖閣諸島は揚子江からの土砂が堆積してできた島。当然、中国の領土である』

そして1992年に中国が領海法を制定し、『尖閣諸島をはじめベトナム、フィリピン等と係争中の南シナ海の島々も中国領土である』と主張したのにもかかわらず、自民党政権は全く何らのアクションも起こしていません。

中国は着実に日本をものにしようとしていますが、胡錦濤国家主席は5年前に以下のような発言をしたともいわれています。

『中国人の研究者が日本人と中国人のDNAを比較したら、日本人はもとは中国人ということがわかった。
日本はいずれ中国の一部になり、日本の技術も遅かれ早かれ中国のものになるから、日本に投資しても無駄だ』

このDNAですが、中国ゲノム研究所(BGI)は今や遺伝子分野では世界一のレベルにあると言われ、先般、ここが世界最高レベルにある遺伝子解析機である【HISEQ2000】を130台(一台約5000万円)を一気に買い集めたことが明らかにされています。
日本には10~20台しかない高価な解析機ですが、中国はいずれ日本人のDNA情報をすべて集め、日本人のDNAを中国人のDNAに入れ替えてしまうことを考えているともアメリカの情報部は指摘しています。

夢物語に終わるのか、それとも現実化し、この地球上から純粋の日本人が消えてしまうのか。
絶滅危惧種に日本人が乗る日もくるかも知れません。

2010年10月 7日 (木)

マスコミは売国奴!愛国者3000人が、渋谷尖閣デモ行進をしたことを報道せず!!

「尖閣渋谷約3000人デモ」海外メディアは大々的に報道するも日本のマスコミは、まった報道せず

日本のマスコミは、金もうけの記事しか報道しないWsj_demo_2

まったく愛国者はいないのだ

米国CNN,WallStreetJournalなどは、大々的に伝えた

下記、URLは、10月2日 デモ行進のビデオです 
これほど大きなデモは、30年ぶりではないだろうか

約3000名が参加したデモ ビデオ

【デモ行進】10.2中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動[桜H22/10/4]
http://www.youtube.com/watch?v=bj41KQdrcus&feature=watch_response

Video
Anti-China
Protest in Tokyo
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704419504575527664218726440.html?mod=WSJASIA_hpp_LEFTTopStories#articleTabs%3Dvideo
The Wall Street Journal World
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704419504575527664218726440.html?mod=WSJASIA_hpp_LEFTTopStories

Tokyo Protests Blast China's Response to Collision
By YOREE KOH
Thousands of demonstrators marched through Tokyo's central shopping districts in an unusual display of nationalistic fervor, harshly criticizing China and the Japanese government's handling of a recent territorial dispute.

CNNも、報道した

渋谷なんて、NHKのすぐそば、しかし
日本のマスコミは一切報道もせず、

日本人が怒っていることを、ネットで世界中に発信しようStory_japan_protests_cnn_3

にもかかわらず、

くだらない 小泉進次郎の、報道だけをしている

中国語の通訳をつれていかなかった、と民主党を非難している。

しかし、それが、何が悪いのだ!!

こちらは、日本人だ、

小泉の売国奴外交も世襲している
アメリカのポチから、今度は、中国のポチ

会合の予定もなかったのだから、なんで、日本側が、中国人に媚びて通訳まで、用意する必要があるのか?

小泉売国奴親子だ

堂々した外交ができない、

小泉政権は、アメリカにポチ、こんどは、中国のポチになれというの

この小泉進次郎という男は、8月は、1か月で、41回、夏祭り

にでかけて、有権者と握手をしにいき、人気を取りにいったそうだ =

「小泉進次郎 盆踊りに狂う夏」 
http://gendai.net/articles/view/syakai/125773

政治のこと、国防、防衛のことなんか、まったく、頭にない

幼稚園から、大学まで、ストレートで、関東学院大学という大学を出た男

俳優にでもなったほうが、いいのではなかろうか

マスコミは、もっと大事なことを放送するべきだ、

小泉と、米国ハゲタカは、よっぽど、マスコミに金を払っているのだろうか
それとも、小泉をよほど、怖がっているのだろうか
先日も小泉政権から官房機密費をもらっていたNHK解説委員が、「小泉の名前を少しでも出したら、こういう目にあうぞ」
という見せしめに殺害されたという噂がある

稲川会、朝鮮、電通の成田などがバックについているという噂であるが

マスコミは、彼らを持ち上げる

マスコミが日本国民を白痴化する

   

小泉進次郎 盆踊りに狂う夏

小泉進次郎 盆踊りに狂う夏
http://gendai.net/articles/view/syakai/125773  (転載)

【政治・経済】
2010年8月12日 掲載

1カ月で41会場をハシゴ

●もう顔も名前も売れているのに…

 お盆が近づき、全国各地で夏祭りや盆踊りが真っ盛り。大忙しなのが政治家だ。多くの票につなげようと、必死で会場をハシゴして顔を売る姿が風物詩だが、この男のペースはハンパじゃない。1年生議員ながら、顔も名前も十分に認識されている小泉進次郎(29)である。
 
参院選終了後1カ月で地元の盆踊り会場に顔を出すわ、出すわ。その数、実に41カ所。最近の進次郎のブログは、盆踊りの話題一色だ。

私も今日は一日お祭りを回り続けていました。おかげで顔が日焼けしました〉(7月17日)

子供たちが美味しそうに、夢中になって、神社の境内でアイスを食べる姿、いいですよね! 日本の夏を感じます〉(7月31日)

射的を今日は久々にやることができました! やっぱりお祭りって楽しい!!〉(8月7日)

さぁ始まりました! 夜の盆踊り巡り! 最近では家に帰ってからも盆踊りの音楽が頭の中で…っていうくらいです〉(8月8日)

昨日は最後の一件に到着したときには既に盆踊りが終わっていました。今日はそんなことになりませんように!〉(同)

この間、ブログで国政に触れたことは、ほとんどない。まさに踊り狂う夏……。こんな男が「首相を任せたい」政治家ランキングで自民党内トップに輝いたのが、ニッポンの現実である

2010年10月 6日 (水)

亀井静香氏が要望していた無利子国債発行 中国対策でもあった

(1)

国民新党の亀井静香氏は、金融大臣時代から、

デフレを脱却させるための対策案として、主張し政府に要望していたことは、

無利子国債を発行する

そして、その国債を日銀に買わせる

日銀は、どんどん金をすりまくれというもの

これは、小泉時代に米国が日本に対してやったことだ、

アメリカは、ドル札をどんどんすりまくり、ヘリコプターからばらまいた

そして、そのドル札を、米国債を、大量に買ったのが、小泉である

大変な日本は損失を被っている、

小泉は、米国債を売却しないとブッシュに約束した

米国債は、ただの紙切れになるだろう

毒には毒を、日本も、同じことをしたらよいというのが、

亀井氏の考え方である

どんどん、日本のお札を印刷し、無利子国債発行、中国に買わせるというもの

また、国債を日銀に買わせる

そうすれば、日銀から、金が、市場にでまわり、インフレが起きる

デフレが脱却される

また

== これは 「中国への対策」でもあった ==

== 日本の国債を 一番買っているのは、中国だからだ ==

== 中国に、無利子の国債を買わせる == 

利息を払わないということだ

そして、円安にする というものであった

また、無利子国債にすることによって、約100兆円以上の利子を国

はを支払わなくていいわけだから、

これは、日本の国にとって、デメリットはない



(2)
また、今回の中国とのトラブルによって、下記、経済対策を新たに
提案した

http://www.kokumin.or.jp/seisaku/pdf/20100928-hose..
経済対策に関する国民新党の考え方

平成22年9月28日

国民新党

1 国民新党の重点予算項目

(1)雇用対策

   一人 150万円×100万人

(2)国民の国内団体旅行への補助金

   一人2万円で1,000万人規模

(3)海上保安庁 海上巡視強化

   巡視船 47億円(4隻)、ヘリコプター55億円、

   中型ヘリコプター 25億円、秘匿通信 31億円

(4)消費者金融対策(過払い金保障・小口金融対策)

(5)資源開発予算(レアアース、レアメタル等)


(6)水源地・林業対策(水源地の国有化等)


(7)沖縄予算増額

以上

2010年10月 5日 (火)

尖閣列島の歴史を語る 断固として日本の領土 (平沼赳夫氏)

志帥会(別名亀井派)

の設立者で3代目会長 亀井静香氏

4代目会長 平沼赳夫氏

自民党を離党した元亀井派の政治家が、またいっしょになってくれて、

ここから、どちらかが総理になることを望みます

やはりこの亀井派の国会議員が一番、愛国者だ
故中川昭一氏も、亀井派に所属していた

平沼さんの、この演説は、すばらしい。

これを、海外にいる日本人は、現地の言葉で通訳して
世界中に、事実をひろめるべきだ。
マスコミも、日本の事実を、ニュースに各国語で発信するべきだ

平沼赳夫警鐘塾 (「超人大陸HP」)
「9月24日は船長を釈放した国辱の日」

(この↓ URLをクリックしてください すばらしい演説です)

http://www.akibach.com/keisho/senkaku.html

…………………………………………………………………………………………………………
「尖閣諸島海域における中国漁船の領海侵犯と不法衝突事件」に関する声明

 尖閣諸島は、明治以来、わが国が領有し、一貫して実効支配を続けてきた日本固有の領土である。
このことは過去において、中国も認めてきた。大正八年(一九一九年)に当時の中華民国政府から島民に与えられた感謝状には同島が日本領であることが明記されている。
また、中国で一九六〇年(昭和三十五年)に出版された『世界地図帳』でも、同島が日本領であると記載されており、尖閣諸島が日本固有の領土であることは疑う余地がない。
アメリカ政府も、尖閣諸島が日本国の施政下にあることを繰り返し明言している。
 九月七日、この尖閣諸島海域において違法操業中の中国漁船を海上保安庁の巡視船が発見、停船命令を発したが、これを無視した漁船は巡視船に対して追突を繰り返したため、船長以下を公務執行妨害罪によって逮捕した。
わが国が、領海を侵犯した中国漁船を拿捕し、国内法に基づいて船長らを逮捕したことは、国際法上認められた領海保全権の行使であり、純然たる内政事項である。
 しかるに九月二十四日、那覇地検は中国漁船の船長を、突然、処分保留のまま釈放した。
今後の日中関係を考慮した地検独自の判断によるものとされているが、もしそうであるならば、法と証拠のみに基づいて業務を遂行する検察の立場を甚だしく逸脱したものであり、そこに政府の政治判断と圧力が働いていたことは間違いない。まさに中国への屈服である。
 かかる領土・領海の主権を放棄するに等しい政府の軟弱な姿勢は、中国政府に誤ったメッセージを送り益々増長させるのみならず、中国の覇権政策に悩んでいるASEAN諸国を失望させ、世界からの侮蔑を招き、国際社会におけるわが国の地位を低下させた大失態であると言わねばならず、断じて容認できない。何よりも政府は速やかに事件発生時のビデオテープを公開し、中国漁船の違法行為を明らかにするとともに、今後、毅然として領海侵犯の取締まりに当たることを内外に宣言することが肝要である。

 中国政府は、船長が釈放されたことをもって、「日本側の司法手続きはすべて違法で無効だ」とする談話を発表、あろうことかわが国に対して謝罪と賠償まで要求してきた。
このような物言いは、船長の逮捕をもって領土主権と国民の人権を侵害したとする中国政府の全く根拠のない身勝手な主張であって、断乎拒否しなければならない。
むしろわが国こそ、中国漁船による今回の領海侵犯と不法衝突に対する謝罪および賠償、さらに不当に拘束されている日本人四名の即時釈放を要求すべきである。
 現在、尖閣諸島海域では、百隻を超える中国漁船の違法操業が常態化しており、船長の釈放によって、今後、中国漁船による領海侵犯はさらに公然化する恐れがあるばかりでなく、また、尖閣諸島への強行上陸の危険さえある。現に南シナ海では、中国による武力恫喝によって周辺諸国の領土・領海主権が脅かされている。こうした中国政府の野望を挫き、領海侵犯と尖閣諸島への上陸を未然に防止するため、政府は速やかに自衛隊を尖閣諸島および周辺地域に配備することを決断せねばならない。
 今回の事件は、一過性のものではない。中国は、今後さらに尖閣領有化の目的を達成するため、これまで以上に高圧的な態度をとってくることは疑いない。
わが国政府が尖閣問題で毅然たる態度をとるため、日本国民も今こそ一致団結して領土保全の努力と覚悟を固めることが望まれる。

 以上の認識を踏まえ、我々は政府に対して左記の事項につき、強く要望する。

一、わが国の中国漁船拿捕の正当性を明らかにするため、事件発生時に記録されたビデオテープを速やかに公開すること
一、外務省は、竹島と同様、尖閣諸島がわが国固有の領土であることを明らかにする公正な資料を開示し、広く国際社会にアピールすること
一、海上保安庁の警備体制を強化し、今後とも中国漁船による領海侵犯には毅然とした取締まりを行なうこと
一、領土・領海警備体制の強化のため、自衛隊を尖閣諸島および周辺海域、さらに与那国島に配備するとともに、領土・領海警備を法的に根拠づける領域警備法を早急に制定すること

 平成二十二年九月三十日

これでいいのか日本! 守れ尖閣諸島緊急集会
            日本会議国会議員懇談会
             日本会議

2010年10月 2日 (土)

アメリカは日本を助けない 中国の主張が正しいが大多数 (NewYorkTimesより)

アメリカは日本を助けない 

尖閣列島でもめても、アメリカの NewYorkTimes を読んでも、

NewYorkTimesより September 20, 2010, More on the Senkaku/Diaoyu Islands
By NICHOLAS KRISTOF

編集者は 

「尖閣がどっちの国に属するのかは、はっきりしない、だれも知らないから

日本と中国とのもめごとに、アメリカが、まきこまれないようにしてもらいたい」

と意見を述べている

もちろん、そうだろう、愛国人の強い国のアメリカは他国の日本のことなんかで、
兵隊を危険な目にあわせることはしないだろう

そして、さらにその記者は、

「みなさん、尖閣は、どっちの国のものだと思うか?」

と締めくくっている

それに対する、多くの人が意見を掲載しているが、

一番、賛同された意見は、こうである

ーーー
「日本の政府は、歴史を、常に書き変えてきた。

本来、Senkaku/Diaoyu Islandsは、台湾のものであった

無人であったので、戦争中に、台湾を日本が略奪し、そのときに、尖閣も略奪された

その後、サンフランシスコ条約で、尖閣は、アメリカから日本へ、中国の許可なく、
帰された

しかし、もともと、中国の島なので、

今回、軍国主義の日本から、中国へもどろうとしているのだから、

それを、邪魔するのは、やめよう

だから、アメリカは介入しないほうがいい、もともと、日本の島ではないのだから

そして、第二次世界大戦のときには、アメリカは中国を日本から解放してくれた
とても感謝している

そして、中国も、また、アメリカに貢献してきた国である

冷戦があったので、アメリカは日本よりの姿勢をとっていたが、
今は、冷戦もなくなったので、アメリカは、島が、中国に帰るのを
支持しよう」
ーーーー

というもの、

このコメントが、一番賛同者が多いのである

日本国内で、政治家や、国民が思っていることとは、世界は、まったく違う
のである

特殊な民族の日本人、日本風の外交をしていたら、世界中は相手にしない

もっと、声をあげて、世界中に、主張しないといけないのだ

どうして、こう黙っているのだろう、

だれも、理解してくれませんよ

それから、フジタの社員が、中国に戦争中の爆弾を撤去するために行っていて、4人、拉致され、人質になったことも、世界中の人は知らない 
また、日本の海上自衛隊が、中国漁船が、ぶつかってきたビデオをもっているといっているが、そんなもの、世界中の人は、だれも聞いたことも、見たこともない、

日本人は、「沈黙が金」 らしい

しかし、これは世界には通用しない、 

日本国内だけで通用する言葉

世界の常識は、 「沈黙は、悪徳 」 なのだ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »