« 外交は力関係だ 軍事力の差で勝負が決まる =亀井総理を待望= | トップページ | 尖閣列島の歴史を語る 断固として日本の領土 (平沼赳夫氏) »

2010年10月 2日 (土)

アメリカは日本を助けない 中国の主張が正しいが大多数 (NewYorkTimesより)

アメリカは日本を助けない 

尖閣列島でもめても、アメリカの NewYorkTimes を読んでも、

NewYorkTimesより September 20, 2010, More on the Senkaku/Diaoyu Islands
By NICHOLAS KRISTOF

編集者は 

「尖閣がどっちの国に属するのかは、はっきりしない、だれも知らないから

日本と中国とのもめごとに、アメリカが、まきこまれないようにしてもらいたい」

と意見を述べている

もちろん、そうだろう、愛国人の強い国のアメリカは他国の日本のことなんかで、
兵隊を危険な目にあわせることはしないだろう

そして、さらにその記者は、

「みなさん、尖閣は、どっちの国のものだと思うか?」

と締めくくっている

それに対する、多くの人が意見を掲載しているが、

一番、賛同された意見は、こうである

ーーー
「日本の政府は、歴史を、常に書き変えてきた。

本来、Senkaku/Diaoyu Islandsは、台湾のものであった

無人であったので、戦争中に、台湾を日本が略奪し、そのときに、尖閣も略奪された

その後、サンフランシスコ条約で、尖閣は、アメリカから日本へ、中国の許可なく、
帰された

しかし、もともと、中国の島なので、

今回、軍国主義の日本から、中国へもどろうとしているのだから、

それを、邪魔するのは、やめよう

だから、アメリカは介入しないほうがいい、もともと、日本の島ではないのだから

そして、第二次世界大戦のときには、アメリカは中国を日本から解放してくれた
とても感謝している

そして、中国も、また、アメリカに貢献してきた国である

冷戦があったので、アメリカは日本よりの姿勢をとっていたが、
今は、冷戦もなくなったので、アメリカは、島が、中国に帰るのを
支持しよう」
ーーーー

というもの、

このコメントが、一番賛同者が多いのである

日本国内で、政治家や、国民が思っていることとは、世界は、まったく違う
のである

特殊な民族の日本人、日本風の外交をしていたら、世界中は相手にしない

もっと、声をあげて、世界中に、主張しないといけないのだ

どうして、こう黙っているのだろう、

だれも、理解してくれませんよ

それから、フジタの社員が、中国に戦争中の爆弾を撤去するために行っていて、4人、拉致され、人質になったことも、世界中の人は知らない 
また、日本の海上自衛隊が、中国漁船が、ぶつかってきたビデオをもっているといっているが、そんなもの、世界中の人は、だれも聞いたことも、見たこともない、

日本人は、「沈黙が金」 らしい

しかし、これは世界には通用しない、 

日本国内だけで通用する言葉

世界の常識は、 「沈黙は、悪徳 」 なのだ

« 外交は力関係だ 軍事力の差で勝負が決まる =亀井総理を待望= | トップページ | 尖閣列島の歴史を語る 断固として日本の領土 (平沼赳夫氏) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386849/37033063

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカは日本を助けない 中国の主張が正しいが大多数 (NewYorkTimesより):

« 外交は力関係だ 軍事力の差で勝負が決まる =亀井総理を待望= | トップページ | 尖閣列島の歴史を語る 断固として日本の領土 (平沼赳夫氏) »