« 病院倒産件数が過去最悪 小泉改革が経営直撃 | トップページ | 外国人看護師 受け入れには反対 時代に逆行している »

2011年2月16日 (水)

中国の米10%がカドミウム汚染、イタイイタイ病発生

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110215-00000057-scn-cn
中国の米10%がカドミウム汚染、イタイイタイ病発生
サーチナ 2月15日(火)14時12分配信 より

 ある調査によると、中国国内で販売されている米の10%には、基準値以上のカドミウムが含有されているという。カドミウムが多量に含まれている米を食べ続けることで、骨の病気が起こる可能性が高い。しかし、専門家が心配するのは、政府や医療機関がこの病気の根本原因を把握していないことや、何よりも、中国には重金属に汚染された土壌での栽培基準がなく、汚染が深刻な土壌でも稲が当然のごとく育てられているという事実だ。財新網などが報じた。

 84歳になる李老人が、小さな袋に入った米を見せてくれた。純白で艶があり、ふっくらした米粒だ。一見した限りでは、異常があるとは全く思えない。しかし、成分検査の結果、基準値をはるかに超えたカドミウムが検出された。地元の人々は、このような米を「カドミウム米」と呼んでいる。

 化学元素周期表48番目の重金属・カドミウムは、自然界では化合物として鉱物中に存在し、人体に入ると極めて大きな危害を及ぼす。

 李老人は、自分の奇病と米との間に関係があるのではと疑いを持った。老人は体こそ丈夫だが、この20年間は、歩くことがひどく苦痛だった。100メートルも進まないうちに、脚とすねに耐えがたい痛みが襲った。

 医者は明確な診断を下せなかった。そこで老人は、自ら「軟脚病」と病名をつけた。老人が住む広西チワン族自治区桂林市陽朔県興坪鎮思的村には、彼と同じような症状を患う老人が10人以上いた。

 定年退職して故郷の村に戻った1982年から28年間、李老人はこの村で生産された米を食べ続けてきた。いくつかの研究論文によると、同村の水田土壌は、1960年以前から、カドミウムに汚染されていることが実証済という。当然、この村で生産された米のカドミウム含有量も、基準値をはるかにオーバーしている。

 医学書によると、カドミウムが長年にわたり人体に入り続けると、骨の痛みが引き起こされる。日本では、1960年代に富山県で精錬所が流した排水が原因で多発、「イタイイタイ病」と命名された。「イタイイタイ病」の症状と李老人の言う「軟脚病」の症状は酷似している。多くの学者も、思的村村民の症状は、「イタイイタイ病」の初期症状であると指摘した。

 このような症状が発生しているのは、思的村だけはない。国内各地の住民が、カドミウム汚染による症状を訴えている。

 農業部門によるここ数年のサンプリング調査のほか、専門家の研究によって、中国の米の約10%には、基準値を超えるカドミウムが含まれることが明らかになった。米消費量が世界一の中国にとって、この事実は極めて深刻だ。(編集担当:松本夏穂)

【関連記事】
中国産の食品、「病死した家畜肉の販売」にもっとも不信感=中国
機内食から「いも虫」…怒りの女性「暴露だ!」=中国南方航空
小学生の研究結果「キノコの9割に蛍光増白剤」工商局は否定―北京

« 病院倒産件数が過去最悪 小泉改革が経営直撃 | トップページ | 外国人看護師 受け入れには反対 時代に逆行している »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386849/38897385

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の米10%がカドミウム汚染、イタイイタイ病発生:

» ★救国済民の国民統一戦線に総力を結集せよ! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★救国済民の国民統一戦線に総力を結集せよ!冬枯れの吹き荒ぶ逆風の中から春に向かっ [続きを読む]

» ★対米自立こそ国民主権の民主革命への王道だ! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★対米自立こそ国民主権の民主革命への王道だ!日本のマスコミが正しく報じない鳩山由 [続きを読む]

« 病院倒産件数が過去最悪 小泉改革が経営直撃 | トップページ | 外国人看護師 受け入れには反対 時代に逆行している »