« 専門家の意見を無視し、世界最大級原発耐震テスト設備は小泉政権下で売却、スクラップにされていた | トップページ | 英雄になったオサマ ビン ラディン氏 (続き) »

2011年5月 7日 (土)

英雄 となった オサマ ビン ラディン氏

オサマビンラディンが殺害されたことで、パキスタンやスーダンなどで

多くの反米デモが、行われた

何百人もの、抗議デモが、金曜日にパキスタンで行われた。

また、スーダンでも、1000人のイスラム教徒が、「アメリカに死を」 

と抗議のデモを行った20110506_2

---------------------------

ビルラディンの死を確認し、

「彼の死は、無駄ではない。

全能のアラー(神)の許しを得て、(ビンラディン容疑者の)血は存在し続け、その呪いは米国を国内外で追い続ける」

「殉教者」と称賛。 

「その死は米国人に対する呪いとなり、米国人の幸せは悲しみに変わるであろう、

米国人の血は、涙と混ざりあうだろう。米国人を国内外で追跡する」

殺害作戦決行の現場となったパキスタンのイスラム教徒には、「恥ずべきことだ」と決起した。

-------------------------

スーダンで千人抗議「米国に死を」

2011.5.4 10:03

3日、スーダン・ハルツームでビンラディン容疑者殺害に抗議するため集まった人々

(ロイター)

 ロイター通信によると、スーダンの首都ハルツーム中心部で3日、米軍による国際テロ組織アルカイダ指導者ウサマ・ビンラディン容疑者殺害に抗議するため約千人が広場に集結し「米国に死を」などと連呼した。

 急進的イスラム政党が呼び掛けたもので、礼拝の後、スンニ派の複数のイスラム教聖職者が同容疑者をたたえるとともに、アラブ諸国の指導者に対して米国と戦うよう訴えた。参加者は「聖戦を」とも繰り返した。

 ビンラディン容疑者は1990年代にスーダンに滞在。スーダン北部では同国に制裁を科す米国への反感が根強い。米国は98年、ケニア、タンザニアの米大使館爆破テロの後、ハルツームの工場を爆撃。米国は同容疑者が関与し化学兵器を製造していたと主張、スーダンは単なる製薬工場だったとしている。(共同)

-----------------------------201105066_2

パキスタン紙ニューズ紙によると、

ビンラディン氏は、丸腰であった。妻は逃げようとして、足を撃たれた

彼の側近たち男性3人も殺害された

ビンラディンの12歳の娘が、米兵は、すぐに、父親、ビンラディンを拘束し、娘の目の前で、殺害した

ビンラディン氏側からは、まったく発砲などしていない。

-------------------------------

パキスタン軍、ビンラディン容疑者殺害で「対米関係見直しも」

[イスラマバード 5日 ロイター] パキスタン軍トップのキアニ陸軍参謀長は5日、米軍がアルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者を殺害したことについて、パキスタンの主権が再び侵害された場合、米国側との関係を見直すと強く警告した。

 キアニ陸軍参謀長は声明で、「パキスタンの主権を侵害する同様の行為が行われれば、米国との軍事・情報面における協力レベルを見直すことになるのは当然だ」と表明した。

 米軍がパキスタン軍への事前連絡なしに今回の急襲作戦を行ったことをめぐり、パキスタン国内では同国軍への批判が高まっており、一部のイスラム系政党からは、米軍が主導する対アルカイダなどへの作戦に協力しないよう求める声も出ている。

-----------------------------------

パキスタン紙ニューズは5日までに、同国治安当局者の話として、保護された国際テロ組織アルカーイダの指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者の娘(12)が調べに対し、同容疑者は生きたまま捕まり、目の前で射殺されたと話したと報じた。

 同じく保護されている同容疑者の妻は隠れ家に5、6カ月前に移動してきたと話しているという。一方、米政府は同容疑者が隠れ家に5、6年前から潜伏していたとの認識を示している。

 パキスタン当局は米軍の作戦後、隠れ家に取り残されていた女性や子どもを保護した。人数はさまざまな報道があり、同紙は8人とし、ロイター通信によると約10人。ロイターは娘の年齢を12か13歳としている。

 妻はイエメン人とされ、ビンラーディン容疑者の娘以外の子どもは同容疑者の親族や側近の子どもとみられている。(共同)

----------------------

ロイター通信は5日、国際テロ組織アルカイダ指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者の殺害作戦が実施された直後にパキスタン治安当局が現場の隠れ家で撮影したとする男性3人の遺体やヘリコプターの残骸などの写真を配信した。

 3人はいずれもビンラーディン容疑者には似ておらず、側近らとみられる。故障したため米軍が爆破したヘリコプターの残骸について、ロイターは「後部の仕組みが通常と異なり、レーダーに捕捉されにくくするための新たなステルス機能を持っていた可能性がある」と指摘している。

 写真は匿名の治安当局者がロイターに売却したという。(共同)

と証言した。

« 専門家の意見を無視し、世界最大級原発耐震テスト設備は小泉政権下で売却、スクラップにされていた | トップページ | 英雄になったオサマ ビン ラディン氏 (続き) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386849/39892706

この記事へのトラックバック一覧です: 英雄 となった オサマ ビン ラディン氏:

« 専門家の意見を無視し、世界最大級原発耐震テスト設備は小泉政権下で売却、スクラップにされていた | トップページ | 英雄になったオサマ ビン ラディン氏 (続き) »