« 続発する臓器移植詐欺 | トップページ | 臓器提供した21歳男性が所在不明 »

2011年6月24日 (金)

作業員69人はどこに? 所在不明、偽名登録疑い、核防護上の問題も

作業員69人はどこに? 所在不明、偽名登録疑い、核防護上の問題も
2011.6.24 22:05 (1/3ページ)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110624/dst11062421260024-n1.htm

 東京電力福島第1原発で進められる事故収束作業に従事したはずの作業員69人の所在が分からなくなっている。臨時雇用が終わって連絡が取れない人がいるとみられるが、偽名登録が疑われるケースも目立つ。原発への立ち入りは厳重な管理が求められていることもあり、専門家からは「テロ対策上の不備をさらけ出した」との批判も上がる。(原子力取材班)

 「当該企業に確認したら、そんな人物はいないとのことだった」

 今月20日夕、作業員の被曝(ひばく)状況を説明していた東電の松本純一原子力・立地本部長代理からこんな言葉が漏れた。東電は厚生労働省からの指示を受け、事故直後から3月末までに同原発で働いていた作業員の被曝線量調査を進めていたが、その過程で、下請け企業の作業員69人と連絡が取れないでいることが判明した。

 東電から説明を受けた厚労省によると、東電が下請け企業を通じて作業員の被曝線量を測定しようとしたところ、69人のほぼ半数については「該当者なし」と回答があり、氏名も連絡先も分からないという。

続きは↓

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110624/dst11062421260024-n1.htm

« 続発する臓器移植詐欺 | トップページ | 臓器提供した21歳男性が所在不明 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386849/40536983

この記事へのトラックバック一覧です: 作業員69人はどこに? 所在不明、偽名登録疑い、核防護上の問題も:

« 続発する臓器移植詐欺 | トップページ | 臓器提供した21歳男性が所在不明 »